PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

国境閉鎖セレモニー in インド

アムリトサルの次はパキスタンに向かう予定です。


そのパキスタンとの国境では毎日クロージングセレモニーという、

夕方に国境を閉めるパフォーマンスをするみたいなんです。


うちの国の兵隊の方がすごいんだぜ!

っていう見栄の張り合いのようなセレモニーみたいで

面白そうなんで行ってみることにした。


黄金寺院周辺ではボーダーのセレモニー行の客引きがとても多い。

金額はシェアの車やオートリキシャで80~100Rs程度。

夕方の3時頃に集合して発車する。


ボーダーまでは約1時間で到着。

DSC_0975.jpg


外国人とVIPはいい席に座らせてもらえると聞いていたんだけど、

あまりの人の多さにそこまでいい席にはならなかったが、


なんせ多すぎ!!

週末だから?


DSC_0979.jpg

DSC_0992.jpg


セレモニーの前にインド側では国旗を持って走ったり

DSC_0981.jpg

DSC_0983.jpg


踊ったりしている。

インド映画のような踊り実際にするんだって思った(笑)

クラブのようなノリだけど音楽はインド音楽っている(笑)

DSC_0990.jpg

DSCF6724.jpg


セレモニーの兵隊の帽子が面白い!!

とりか!!!

P1050616.jpg

P1050620.jpg


彼らが国境ゲートの前まで行進して

何やら足を高く上げて威嚇し合っている(笑)

P1050606.jpg


その様は滑稽なんだけど、

彼らは大真面目なんだろうなぁ。

観衆もそれで盛り上がる。


インド側から見たパキスタン側はこんな感じ

DSCF6702.jpg



P1050615.jpg


最初は人が少なくってインド側だけで盛り上がるのかな

って思ったらセレモニー時間にはそこそこ人が埋まったが、

インド側の方が圧倒的に人が多い気がした。


セレモニーはその後国旗を降ろして、ゲートを閉じておしまい。

P1050630.jpg



P1050631.jpg


このセレモニーが毎日行われている。


このゲートの向こうは異国なんだなー。

パキスタンなんだなー

明日には向こう側にいるんだなぁ

などと思いながらインド最終日を締めくくったのでした。



次回からはパキスタン編に入ります。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アムリトサルの黄金寺院は聖地でリーズナブル!?

シュリーナガルの風邪も完治して

向かうはインドの最後の地「アムリトサル」


シュリーナガルからバスでジャンムーまで戻り、

そこから鉄道でアムリトサルに向かった。


シュリーナガル

↓ 長距離バスで約12時間半で270Rs  7時半発
※長距離バスは渋滞とかでよく遅れるのでスケジュールに余裕をもたせたほうが無難です

ジャンムー

↓ 列車Sleeperで約5時間で140Rs  21時半発

アムリトサル



駅構内で夜を明かし、朝7時に駅から黄金寺院まで移動した。

駅から黄金寺院までは無料バスが運行している。


このアムリトサルはシーク教の総本山みたいで数多くの巡礼者がいる。

ゲートをくぐるとそこが無料の宿泊施設だ。

DSC_0879.jpg


無料といっても、最後にきちんとドネーションを支払わなければいけない。

外国人専用のドミトリーで、宿泊は3泊まで


チェックアウト時に回収されるので

「タダで泊まれる!」とは思わないように。


近年ドネーション制の宿にお金を払わな輩が

増えているのでドネーション制の宿が世界で

消えつつあるのでみなさんしっかり利用した

金額に似合う分は支払いましょう。


このシーク教総本山の黄金寺院に入るには

靴を脱いで荷物を預けて、被り物をしなければいけない。


ここが黄金寺院だ。

DSC_0896.jpg

DSC_0928.jpg

DSC_0931.jpg

DSCF6627.jpg


熱心な信者はしっかりとお祈りしている。

DSCF6595.jpg

DSCF6684.jpg


ガンガーのように水浴びもできる

DSC_0901.jpg


夜はまたきれい

P1050580.jpg

DSCF6674.jpg

DSC_0949.jpg


信者は結構フレンドリーで気さくに写真も撮らせてくれる。

DSC_0891.jpg

DSC_0919.jpg

DSCF6621.jpg


宿はドネーション制で、さらに無料の食事提供施設もあるのだ。

給食のような配給制だけど、好きなだけ食べてOK

DSCF6694.jpg

DSCF6695.jpg


とってもリーズナブルだね。


さらに200mlの瓶入りの炭酸がたった5Rsで飲むことができる。

通常の半額の金額だ。

DSC_0882.jpg



街自体は魅力的ではなかったが、

この黄金寺院はすごく魅力的で

何泊もしていたいと感じる寺院だった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

風光明媚なシュリーナガル

ミニバンでシュリーナガルに到着した。


標高が高いのか、めっちゃ涼しくって過ごしやすい気候!

ずーっとここにいたいー(>_<)!!


到着して早速客引き。


ここシュリーナガルはハウスボートという、

ボート上に宿があるのだ。

これが名物みたいなのだ。

せっかくなのでハウスボートに泊まってみることにした。


値段はピンキリで当然自分が泊まるのは「キリ」の方だ。


1泊200Rsの部屋で一人当たり100Rsという破格の値段。

DSC_0871.jpg


中にはベッドがあるだけの簡素なつくりだけど、

トイレもあり、シャワーはないけど言えばホットウォーターももらえる。


「ダル湖」というところがメインの場所で

ココに宿を取るのが便利だけど、若干高めで、

自分はその湖から少し離れた湖のハウスボートに宿をとった。


宿からの眺めはこんなもの。

DSCF6491.jpg


湖の上に立っているので若干横揺れがするが気にならない程度だった。


シュリーナガルの街はインドとは思えないほどの美しい自然。

風光明媚とはまさにこのことだと思うぐらい緑が綺麗だった。

DSCF6492.jpg

DSCF6549.jpg

DSCF6554.jpg

DSCF6561.jpg


写真では伝わらないけどホンマに美しいグリーンだった。


ちなみにこんな緑もたくさん(笑)

DSC_0843.jpg


なんでしょうね??

僕にはわかりません(笑)

みなさん吸わないように。


沈んだハウスボート

DSC_0832.jpg

DSC_0869.jpg


ダル湖にはたくさんのハウスボートが

DSC_0810.jpg

DSC_0811.jpg

DSC_0815.jpg


ボートツアーもたくさん出ている

DSCF6501.jpg

DSCF6502.jpg


さて、シュリーナガルでひとつ問題が・・


風邪ひいちゃった(´Д` )

P1050562.jpg


なんか久しぶりにめっちゃしんどかった。

みなさんも気温差には注意!

だいぶ痩せてきた証拠かな(笑)

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

停戦ライン、シュリーナガルへ

デリーの次に向かったのが北部の街

カシミール地方のシュリーナガルというところ。


「地球の歩き方」には紹介されていない地域だ。


それは、ここがインド・パキスタンの領土問題などで緊張状態が続く地域だからだ。


至るところで軍隊が目を光らせている。


ここに行くにはジャンムーという街が起点になる。


ニューデリー

↓ 夜行列車 Sleeperで305Rs

ジャンムー



ジャンムーに着くと早速シュリーナガル行の勧誘が!!!


駅の横にTouristInformationがあり、話を聞くと、

どうやらバスは既に発車してしまったようだ。

(真偽はその時はわからなかったがどうやら本当みたいで朝の7時ぐらいに発車する便しかないみたい。)


「乗合ジープしかないからこれで行きな。料金は650Rsだ。」

と言ってくる。

「んー??高いなあ。。」


事前調査ではもっと安かったから吹っかけてきてるんだな!!

ということで自分たちの予算を伝えると、

「よっしゃ、向こうの1泊のハウスボートの宿代を入れて一人800Rsでいいだろ。」

と言ってくる。

「いや、うちらの予算は600Rsだ。試算は移動費400Rsの1泊200Rsだ。」

「こっからシュリーナガルまではジープで行けばどこで聞いても650Rsだ。

ハウスボートもナイスなところだからココに決めな。OK?」


「いやいや、予算オーバーでっせ。だったら外で聞いてくるわ。」

「よっしゃわかった。いくらまでなら出せるんだ。」

「だから600Rsって言ってるやん!!」

「ジープで600Rsは絶対する。だったら外で聞いてみな。」

「だから外で聞くって最初からゆってるやん!!!」

てなやり取りを経て外で値段交渉。

「シュリーナガル行きたいんか?650Rsだぜ。」

「750Rsだぜ。」

それぞれ色んなことを言ってくる。


これは旅人の勘だけど、

ここで乗るのは賢明じゃないな。

とりあえずバス停に行こう。

バス停でも客引きをしているだろう。

ということで10Rsの市バスに乗ってバス停に向かった。


だが、しばらくして、

「シュリーナガルに行きたいならココだよ。」

とおろされた。

その場所には1台のジープが待ち構えていた。

運転手に値段を聞くと

「600Rs」

だと言ってくる。


すかさず、

「OK,Goodbye」

って立ち去ろうとすると

「いくらで行くんだ?」

と聞いてきたので

「500Rs」

と言うと交渉があっさり成立した。


本来は400Rsの予算だったけど、

もしかしたら500Rsぐらいかなって

思い始めていたんでジャストな金額だった。


ちなみにうちらの後でやってきた現地の人も500Rsを支払っていたのでこれが正規の値段なのだ。


ジャンムー

↓ 乗合ジープで500Rs

シュリーナガル



乗車時間は約10時間。

夕方5時過ぎ頃にシュリーナガルのバス停前に到着したのだった。

久しぶりに値段と格闘した日だった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

デリー観光2年越しのリベンジ!!!

2年ぶりにデリーにやってきた。


ニューデリーの安宿街も2年前に比べて

若干小洒落た感じがするのは気のせいだろうか・・・。

DSCF6440.jpg

DSCF6448.jpg



物価(食事,宿)も全体的に若干上がっているが、

宿に関してはWiFiが使用できるところが多くなっていた。


PAYALのドミトリーが150Rsから200Rsになってたけど、

WiFiが完備されているので施設料が上乗せされたってイメージだろうか。


これからインフレが加速していくのだろうなぁ・・・。


さて、2年前にデリーに来た時には全く外に出歩かなかった。

正確にはバザール周辺をひたすらウロウロしていただけだったので、

今回は重い腰をあげ、デリーの観光に行ってみることにした。


デリーには世界遺産が2つあり、これらに行ってみることにした。


「クトゥブ・ミーナール」「フマユーン廟」といのがあるみたいだ。


どちらもメトロで行ける。


まずは


「クトゥブ・ミーナール」へ。


「クトゥブ・ミーナール」っていう地下鉄の駅から出て

右方向に徒歩25分ほど歩くとそれが見えてくる。

DSC_0724.jpg


駅出てどっちに行くかわからなくて、

駅員に聞いてもどっちかわからない感じの回答で、

あんまり人来ないのかなと思ってたら、

めっちゃ観光客いるやん!!!!

DSC_0749.jpg

DSC_0723.jpg


どうやらここは世界で一番高いミナレットのようだ。

モデルはアフガニスタンのジャムのミナレットだとか・・・。

DSC_0730.jpg

DSC_0741.jpg

DSC_0748.jpg


続いて向かったのが

「フマユーン廟」だ。


JLNstudiumという駅で下車して出て右方向に歩いて徒歩20分ぐらいで見えてくる。

DSC_0762.jpg


この中が廟みたいだ

DSC_0769.jpg


これか?

なんかみたことあるぞ・・・

DSC_0777.jpg


これってなんちゃってタージマハルだよね(笑)

DSC_0781.jpg

DSC_0782.jpg

DSC_0788.jpg


フマユーンさんのご遺体が治まっている棺がセンターにあった。


というわけで、デリーの2大?

世界遺産を見終えたけど、


なんせ高い!!!


ローカル価格10Rsなのに、

外国人価格は250Rs

P1050514.jpg


これに関して言えば、ボッタクリとは思わない。

観光客価格なんだと考えるようにしてるけど・・・

それにしてもたかいよねー!!!!!

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。