PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バングラデシュは本当にアジア最貧国??

バングラデシュ滞在は色々あって

たったの合計9日間になってしまいました。


そんなバングラデシュですが、どんなイメージでしょうか??

バングラデシュって聞いたら

「アジア最貧国家」

というのをよく耳にすると思います。


果たしてその実情はいかがなものなのでしょうか・・。


個人的見解としては、

貧国かもしれないが決して「最貧国」ではない

ように思えました。


まず、インドでよく見る物乞いが少ない。

インドの人口が約10億人に対して

バングラデシュの人口は1億5千万といったところ。

圧倒的に人口はインドが多くてその分物乞いの数も

多いのは当たり前だけど、人口密度的に言えば

バングラデシュの方がきわめて高い。

密度の高い中で物乞いを見かけることが少ない分、

貧富の差はインドほどはないのかなと思う。


確かにバングラデシュは僕が生れた1984年頃には

GNIは世界最下位ランクだったかもしれない。


しかし時代が流れ、日系企業が現地に進出したり、

とりわけインドへの出稼ぎ労働者の送金が牽引役にもなり、

成長はかなりされているように感じられる。


正直、この後訪れた「ネパール」の方が貧しいかもしれないと感じた。


水は濁っているし、しょっちゅう停電が起きるし…


最近革命的と報道された

「グラミーン銀行のマイクロクレジット制度」

もなかなか好調なようでNGOも盛んに取り組むようになったとか。。


ちなみにマイクロクレジット制度はWikipediaとかで調べたら出てくるんだろうけど、

簡単に言えば、

(もちろん色々な制約はあるが)担保なしの資金貸し出しで後ほど回収する制度。


ただ、NGOがこれをやってしまうと、

NGO銀行になったような錯覚に陥ってしまうため

私個人としてはあまりNGOはこの手法は使って欲しくはないんだよね。


そんなバングラデシュの最大のNGO組織が

「BRAC」という団体みたいで、街のあちこちで看板を見かける。

IMG_1515.jpg

銀行・学校・ホテル工芸品店等を構えているみたいです。



最後にバックパッカーとしてこの国を見て、


・まだまだ国としてツーリスト受入れがしっかりなされていない。


・観光資源があまりない。


・旅行者が少ないのでジロジロ見られることが多い。


・イスラム圏なので酒遭遇率が異様に低い。(ホテルのバー等でしか販売していない。)


・ダッカには意外と病院が充実していて、日本語の話せる医師も多いみたい。

 ※山形ダッカ病院とか愛知ホスピタルとか、
  
  日本バングラデシュ友好病院とか、

  サッポロデンタルケアとか、
 
  大型病院は日本の地名がつけられているものが多い。



最後にバングラデシュで出会った人たち

IMG_1455.jpg

IMG_1471.jpg

IMG_1474.jpg

IMG_1475.jpg

IMG_1489.jpg

IMG_1490.jpg

IMG_1491.jpg

IMG_1494.jpg

IMG_1507.jpg


鉄道にも乗りたかったなぁ
IMG_1508.jpg


「Citibank」ならぬ「citybank」
IMG_1517.jpg


次回からはネパール編に突入します。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ダッカから次の目的地までのルート

微熱が依然冷めぬ中、

ひたすら宿ではHDDに溜めた動画や

X JAPANを聴いて過ごしていました。


何処に行けばいい~
貴方と離れて~
今は過ぎ去った時に問いかけて~
長すぎた夜に~
旅立ちを夢見て~
異国の空見つめて~
孤独を抱きしめた~

※X JAPAN 「TEARS」より



そう、そろそろ次の行き先を考えないといけない時期になってきました。

行き先と言っても次の目的地は

「ネパール」

と決めていたんだけど、どのようにして行くかってのがもんだいで・・・。


候補が2つあったんです。

①インドビザを再取得して、バングラデシュを北上後、

インドのダージリンに抜け、そこからネパールを目指す。


②飛行機でネパールのカトマンズに一気に飛んじゃおう


バックパッカーの私としては、

色んなところを見て回りたいという思いがあるので

「①案」を採用したいんですが、ぼくが日本で取得した

インドビザの条件が

「インド出国後2か月以内の入国ができない」

というビザだったんです。

つまり、その規定上からしたら再取得が不可能なんです。


それと微熱が余りに長引いてることもあり、

早く涼しい地域に行きたいという思いが

あったので「②案」で行きたいというのも事実なんです。


でも折角なんでやっぱりここは「①案」を採用しようという

思いが働き、翌日インド大使館へ朝一で行ってみることに。




………残念。



休み・・・。


なんかこの日はインドの休日だったみたい。


痛い身体に鞭打って、蒸し暑いローカルバスに揺られ、

大使館や高級ホテルやレストランがひしめく、

「グルシャン地区」に行ったのに休みとは、

まさかインドに嫌われてる???


仕方ないからこの日は、

近くのWiFiが使用できる店に入り一日時間をつぶすことに。


そういえばバングラデシュに入って初めてWiFiを使ったのがこの日だった。


「A&W」というKFCのようなチキンを出すファーストフード店なんだけど、

そこに「ルートビール」っていう飲み物があったので注文してみることに。


ビールって響きにやられたんだけど、出てきたのがこんなの
IMG_1519.jpg


クリームがのってて、色はコーラのようで炭酸なんだけど、

味はドクターペッパーを思い出させるような味だった。


後から調べて分かったんだけど、

「A&W」ってアメリカでルートビールを販売している会社なんだね。


そのままやん(笑)

もうちょっと捻ろうよとか思ったりしたけどまぁそれは置いといて・・、


次の日再度インド大使館へ行って、

その日に申請が無理だったら

(大使館員に媚びてお願いすることもなく、)

もう飛行機のチケットを手配してすぐに抜けようと決めたんです。


で、翌日再度インド大使館へ行ってみると、かなりの長蛇の列が・・・。


その列にちょっとお邪魔して、係員に

私「インド観光orトランジットビザの申請をしたいんですが・・」

員「ネットで申し込んだ用紙を見せてください」

私「えっ、なにそれ?ネットでまず申請しないといかんの?」

員「そうです。ここに来るにはまずNETで申請書を記入してダウンロードしてからです」


知らなかった~~!!!


ということでまたまた「A&W」に入店して、

ネットを大使館のホームページを開くと

確かに記入欄があったので、ネット上で記入を開始。


記入が終わり、印刷をし、再度大使館に足を運びまして、

私「記入して、印刷もしてきたで」

員「まだ大使館の方であなたの申請が受理できていません。」

私「どないなこっちゃ??」

員「大使館の方で申請が完了すると、○○日に来てくださいというメールと同時にドキュメントが一新されて、
 写真を貼って新しい申請書を印刷してもってきてください」


私「ということはこれじゃ不可能なわけだ。いつごろそれが届くんですか?」

員「1種間程度見ておいてください」

私「わかりました。ありがとう。」





こういう会話がなされたわけです


ということで、もう「案②」しかなくなってしまいました。

だって2週間もこの空気の悪く、

蒸し暑いここで待つのはあまりにも無理だったから。


ということで再々度「A&W」に足を運び、

翌々日の「ダッカ発カトマンズ行」の飛行機のチケットを

無事ゲットして、晴れてバングラデシュを離れることになったのでした。


ちなみに余談ですが、

当初はもう少しバングラデシュに滞在する予定で、

そのつもりでATMからお金を引き出したんですが、

思っていた想定よりもかなり早めに出国することになり、

お金も結構余っちゃったので、出発まではバックパッカー

とは思えぬ豪遊っぷりを発揮してしまいました。


・最後のホテル代3,000Tk(約3,000円)
※A/C,ホットシャワー,バスタブ,TV,Kingベッド,Tea Set,WiFi,新聞,朝食付きのVIPルーム。

・食事は基本KFC
・スナックはプリングルス
・バス移動はやめてタクシーかCNGでの移動

IMG_1531.jpg


という感じで1日は豪遊のひと時を過ごさせていただきました。


おかげで?

風邪がすっかり治ってしまいました(笑)


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

首都ダッカに到着。ここは渋滞天国。

風邪が治らない。

熱が引かない・・・。

コルカタからの微熱が依然続いているここ首都ダッカ。


夜行バスに揺られ到着しました。


本当はロケットスチーマーっていう船で来たかったんだけどね・・・。


てか、バス内が寒すぎ・・。


余計に風が長引きそう。


早く宿でゆっくりしようと、

安宿のあるオールドダッカ地区に移動しました。

移動手段は当然ローカルバス。

まぁ距離的に30分もあれば着くかなと思ってたら

あれよあれよという間にバスの中で、なななんと

約2時間が経過しました。


そう、

ここ首都ダッカはめっちゃ交通渋滞がすごいんです。


今まで感じた渋滞の比ではありません。

一般の車やタクシー
IMG_1493.jpg

ド派手なサイクルリキシャ
IMG_1525.jpg

CNG(オートリキシャやトゥクトゥクのような乗り物)
IMG_1524.jpg

これにプラスバスが車道を走っているんだけど、

我先にと言わんばかりの勢いで進みだしては止まり

進みだしては止まり、とりわけ止まることの方が

多いんですが、してるんです。


2車線道路を平気で車4列に並べて走ろうとしたりするんですよ。


そりゃぁ、スピードは出ないしノロノロ運転になるわい!!

ちょっと考えたらわかることやのになぁ。。。


で、当然市バスってエアコンも効いていなくて、

窓開けててもスピードが出せないから風が吹かないから結果的に社内が蒸すんですよ。

人もギュウギュウだし・・・。


安宿近辺のオールドダッカに到着したころには

さらにフラフラの状態になっていました(笑)


この日はもうすぐに宿を決めてずっと寝て体力回復に努めました。

幸い、クルナからのバスで日本人がいっしょで安宿の場所を知って

いたからすんなりたどり着けたからよかったものの、

一人だったらどうなっていたんだろう・・・。

多分たどり着けなかったんじゃないかなぁ…

感謝です。かんしゃ

宿は「Hotel Baitus Samir International」

のシングルルーム350Tk。

IMG_1492.jpg

IMG_1466.jpg


バングラデシュではドミトリーという相部屋っている考え方がなさそうです。


翌日は少し体調がマシになったのでオールドダッカ散策を。


対岸への渡し船やロケットスチーマーが発着するショドル・ガット

IMG_1467.jpg

IMG_1468.jpg

IMG_1473.jpg


アーシャン・モンジール
通称PINK PALACE
IMG_1479.jpg

IMG_1480.jpg


中に入れなかったアルメニア教会
アルメニア教会って独特で見たらなんとなくわかるんだけど、
これは全然アルメニアっぽくなかったなぁ。
IMG_1482.jpg


スター・モスジット
その名の通り屋根が★☆模様。池も同様に星模様
IMG_1485.jpg

IMG_1486.jpg


ボンゴボンドゥスタジアム
IMG_1530.jpg

IMG_1499.jpg


そうだ、この近くに独立戦争博物館があるみたいなんで

行こうとしたんだけど結局場所がわからずに行けなかったんだよなぁ。


インドからパキスタン(東パキスタン)としての独立、

さらに東パキスタンからバングラデシュ建国に至る

歴史の解説がされているみたいで非常に興味があったのに残念だったーー!!

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バングラデシュのショボショボ世界遺産バゲルハット

ロケットスチーマーという豪華?客船で

首都のダッカに向かおうと思っていたけど、

結局ボートがここクルナまで来ていないという

ことでバスで向かうことになってしょんぼり

していたんですが気を取り直して街を徘徊することに。



クルナの街自体は大して見どころはありません。

あ~あ残念っ(-_-;)


クルナのシンボル?特産品のえびのモニュメント
IMG_1400.jpg


ここは世界遺産に登録されている

バゲルハットジュンドルボン国立公園

を訪れる拠点の街なんです。


ジュンドルボンにも折角なんで行きたかったんだけど、

時期が雨季でツアーがやっていないということで今回は

諦めて、個人でも行くことのできる


バゲルハットに行くことに。


<行き方>

・市街からルプシャ・ガットまで行く。
※片道20Tk程度

・渡し船で向こう岸へ
※片道3Tk

・バゲルハット行のローカルバスで約45分
外国でよくある行き先を連呼してるオッチャンがいるんでそれに乗ればOK
※片道35Tk


ぼくはバゲルハットのバス停で降りて、

来た道をサイクルリキシャで戻り、

ジャット・ゴンブス・モスジットという

メインの歴史的モスジットまで行ったんですが、

そんなことはせず、このモスジットの前で

途中下車することが可能だし、余計な

サイクルリキシャ代も払わなくて済むのでお勧めです。



ジャット・ゴンブス・モスジット
IMG_1410.jpg

IMG_1418.jpg


シンガイル・モスジット
IMG_1422.jpg


カーン・ジャンハーン・アリ廟
IMG_1433.jpg


アリ廟のそばにある池
IMG_1437.jpg


池で洗髪するおっちゃん
IMG_1438.jpg


わけのわからぬモニュメント
IMG_1439.jpg


パクリでしょ(笑)一応世界遺産の街なのにこんなのあっていいの??
IMG_1440.jpg


イスラム(神秘主義者)の武将のアリがこの地、

一角に入植して築いた町並みでということで

世界遺産に登録されているんだけど、現存

するのは僅かばかりなので正直、とってもしょぼかった。

単なる長閑な農村という感じだけなんで決しておすすめはしません。


バゲルハットは1日あれば十分観光することが可能です。

渡しはバゲルハット観光を終えてその日の夜行バスで首都のダッカに向かうことにしました。

最後にクルナ近郊で出会った人たち。

IMG_1399.jpg

IMG_1409.jpg

IMG_1411.jpg

IMG_1415.jpg

IMG_1427.jpg

IMG_1436.jpg

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バングラデシュに到着!ロケットスチーマーに乗ってみたかった・・・。

インドを後にして

バングラデシュ

にやってきました。


インドのコルカタからバスで国境の街まで行き、

陸路で国境を越え、

クルナという街にまずは

向かうことにしました。


コルカタから首都ダッカまでは何本も直通バスがあって便利なんだけど、

そのバスにはあえて乗らず、途中にあるクルナという街に行くことに。


理由は二つ

①クルナ近郊にある世界遺産「バゲルハット」を訪れること。

②「ロケットスチーマー」に乗ってダッカに向かいたかったため。



ロケットスチーマーっていうのは首都ダッカとクルナを結ぶ

外輪船のことで、大河が何本も国内を流れている川の国

バングラデシュならではの移動手段です。


ゆっくりのんびりと

船の旅というものをしてみたかったんです。


船の会社が「BIWTC」(Bangladesh Inland Waterway Transport Corporation)で、

1等・2等・3等とあるみたいなんです。


クルナからダッカまで26時間程度かかる船旅なので、

豪華に1等でも乗ってのんびり優雅にクルーズをしよう

と思ってクルナにあるオフィスに訪れてみたんです。



私「明日か明後日ぐらいにダッカに行きたいんだけど予約できる?」

S「ロケットスチーマーに乗りたいんかい?」

私「そうやねん。ルプシャ川の船着場から週に何便かでてるんやろ?」

S「残念ながら今はクルナから出てないんだわ。」

私「え~~~ホンマに!!!?まじかいな…」

S「クルナまでは今は来ていないけどモーゴンガートからやったらでてるで。」

私「それ何処・・??」

私「マジか・・・。2時間も移動しないかんのか。ここまで来るのも結構しんどかったしどうしよう。」


こんな会話がなされたんです・・・。

そうなんです・・・。

今はロケットスチーマーはクルナまで来ていないみたいなんです!!!



ウワ~。


どないしよ。

どないしよ。

どないしよ。




宿のすぐ近くから出発すると思ってたから、正直、

そのモーゴンガートっていうところまで行くのがめんどくさい。


とりあえずオフィスを出てどーしようか考えながら歩いていたんです。


すると

「GREEN LINE」

っていうバス会社のオフィスを発見しちゃったんです。


この会社はバングラデシュ各地への長距離バスを走らせてる会社で、

物凄く快適に移動ができるみたいなんです。


元々、ロケットスチーマーでダッカに移動しようと思ってたから、

それなりのお金を用意していたのもあって、もうこのバスでダッカ

に移動しようという気持ちが90%以上傾いてて、そのオフィスに入ったんです。


するとそこのオフィスの人が


英語堪能

接客愛想抜群



もう即決でこのバスでダッカに移動することに決めたんです。


あ~それにしてもロケットスチーマーに乗りたかったなぁ。。。。。


残念っ(-_-;)

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。