PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バンコク郊外のメークローン線路市場に行ってきた

突然ですが、昨日(2013年04月30日)インドに入国しました。

約2年ぶりのインドですが約3週間ぐらいの滞在を予定しています。


今回の記事はそのひとつ前のラオスからバンコクに戻った編です。

次回からはインド編に突入します。



----------



さて、バンコクに戻ってきたのはインドに飛ぶためのある意味トランジット。


4泊5日のトランジット。


その内の一日は「シリラート病院」

P1050394.jpg

P1050393.jpg


シリラート病院博物館内は撮影禁止なんで写真はないでーす(ヾノ・∀・`)




そしてもう一日は「メークローン線路市場」に行ってきた。


最近、ツーリストが徐々に増えつつあるバンコクの新しい見所の線路市場。


線路上にマーケットが出ていて、

電車が通過する瞬間に店を片して

過ぎると何事もなかったかのように

営業をはじめるというちょっと変わったマーケット。


「世界の車窓から」とかで紹介されて

日本の旅行会社とかもツアーを組むように

なっているみたいですがもちろん個人で行ってきた。


ちなみにHISのツアーでは1,300Bって書いてあった。



ぼくはまずカオサンから戦勝記念塔まで行き、

そこからメークローン行のバス70Bに乗って行ってきた。


マーケットで売っているものはシーフードやら色々。

水上マーケットとかで売っているようなものと特に変わらない。

DSCF6100.jpg

DSCF6115.jpg

DSCF6116.jpg


でもここは国鉄が走る線路上なのだ。

DSC_0440.jpg

DSC_0468.jpg


このメークローン駅に電車がやってくる

DSC_0455.jpg

DSC_0456.jpg


時間になると一斉に片付けをはじめる

DSC_0520.jpg


そして電車がやってきた

DSC_0480.jpg

DSC_0489.jpg

DSC_0490.jpg

DSC_0495.jpg


ホンマすれすれ!!!

DSC_0504.jpg

DSC_0511.jpg

DSC_0515.jpg


この通り過ぎていくのは圧巻でギリギリでめっちゃすごかった。


帰りはこの電車をに乗って乗り継いでバンコクに帰った。


電車からのマーケットの眺めはこんなかんじ

DSC_0545.jpg

DSC_0554.jpg

DSC_0558.jpg

DSC_0565.jpg

DSC_0582.jpg

DSC_0634.jpg

DSC_0680.jpg


ね、ギリギリでしょ。

このマーケットめっちゃ当たりです。

ぜひ行ってみてください。

お勧めです。


というわけで、2年前から続いた東南アジアの旅がこれでようやく終了。

これからは南アジアをちょっとだけまわってきます。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

水かけソンクラーン祭り@カオサンロード 東南アジアの旧正月

ミャンマー17日間の旅を終えてバンコクにやってきた。


次の国、ラオスを目指すためだ。


ドンムアンという

airasiaの新しい空の玄関口に到着。


ここには鉄道駅があるので

夜行列車で次の街の

「ウボンラチャーターニ」に向かう

チケットを予約しようとしたら既にフルだった!!!


この時期はタイの旧正月で休日で、

みんな里帰りするみたいで一番安い

交通手段の列車は満席だった。


仕方ないんで次の街には

北バスターミナルから夜行バスで向かうことに。


さて、ドンムアン空港から市バス(59番)でカオサンに。


カオサンでは2泊して夜行でウボンに向かうことに。


カオサンではソンクラーンのパクリ祭りが繰り広げられていた。


ソンクラーンはチェンマイの水かけ祭りで

バンコクではお祭りに騒ぎのように

カオサンだけ異様に盛り上がっている。


みんな水鉄砲もって水の掛け合い!!!

P1050213.jpg

P1050220.jpg

P1050225.jpg

P1050230.jpg

P1050250.jpg


歩いてると顔にベビーパウダーみたいなのを塗りたくられる!

P1050232.jpg

P1050233.jpg


カオサンを1周するだけで全身水浸し!!!!


シャワーを浴びて次の目的地、

「ウボンラーチャターニー」に

向かうために市バスの3番を探すが、

一向に走っていない。


旧正月の時期は走っていないバスもいくつかあるみたい。


仕方なくタクシーで100B(1人50B)支払って北バスターミナルに向かった。


北バスターミナルからウボンラーチャターニーまでの夜行バスは517B


今は北バスターミナルから

ラオスのパクセーまでの

直通バスも運転しているみたい。


でも、直通で行くと900Bぐらいするみたいで、

ウボンラーチャターニーまで行ってそこから

ラオスのパクセー行きの国際バスに乗る方が

安く済むのでその方法で行く。


翌朝にウボンラーチャターニーに到着してパクセー行のバスチケット200Bを購入。


あっ、ウボンラーチャターニー行のバスの中で寝袋を置き忘れたー( ̄▽ ̄)

しばらく使わないけどショックー

でもオーストラリアから丸1年、よく使った寝袋。

十分すぎる程の元を取れたからいっかな。



国境で出国税らしきものを20B支払いラオスに入国した。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

大事件発生!!!!バンコクで夜逃げにあう

現在はついについに

パース脱出に成功して

ブリスベンに来ております。

4ヶ月ぶりの移動でした!!!




さて、ブログはラストタイ!!!



チェンマイから夜行バスで

バンコクのカオサンに戻ってきました。


ここでやらなければならないことがひとつできていたんです・・・。



時は首長族のいるメーホーンソーンに遡ります。



・・・・・



メーホーンソーンの宿で何気なくtwitterを開いたら


「MPツアーが夜逃げ!!!」


って文字が。


一瞬ワケわからなくなっちゃいましたよ。


老舗のカオサンの旅行会社ってことももちろんあるけど、

ぼくはここに

荷物を預けてタイ北部まで行ったんです。


荷物っていっても貴重品は手元にあったので

よかったんだけど、それでも小バッグが心配じゃないですか??



朝カオサンに到着して宿に荷物を置いて、

店が開き始める10時頃にとりあえず

MPツアーのデスクに行ってみました。

聞いていた通りシャッターが閉まっている。。


そのまま付近をウロウロしつつ12時頃まで

そうしていたけどやっぱり開く気配一つなし!!

というか、その土地の隣の店のタイ人に

「もうここは閉店したよ」

と言われる始末。


シャッターに若干覗ける穴があるんだけど、

そこから中を眺めると店のオープン前の状態でそのまま残っている。

そして見えた


自分のカバン!!!


カバンとの距離たった15cm。




でもこの15cmが届かない。

頑丈な鍵が2つもかけられている。

鍵さえ壊せばカバンは戻ってくるが到底壊せる代物ではない。


もちろん警察に届けて、開けるか壊すかしてくれるように

依頼したがそんなことできないと突っ返される。

そしてただの盗難届けの紙を書いてもらっただけ。


つ か え ね ー ー 。



このカバンの中身なんだけど、

絶対ではないけどちょっと

必要なものも入っていたことに気付く。



「過去の地球の歩き方」、「筆記用具」、「圧縮袋」これらは別にいらないもの。


・「ワーホリビザ申請時のメール」

オーストラリア入国の際にちょっとドキドキした。


・「日本と国際の運転免許証」

なくてもいいけどオーストラリアでは不便


・「予備の予備用のクレジットカード」

再発行の手間


「黄熱病接種証明書」

アフリカや南米の数ヶ国に行く際に必要でお台場で再度取得が必要



カバンの中に入っていたのはこんなものかな。

免許証は海外では再発行とかできないんだね。

今、オーストラリアにいるけど免許証が無い

ことによって幅が狭まったのは事実だった。



夜  逃  げ  ・  ・  ・



この言葉の被害に遭うなんでおれの旅もネタが豊富だなぁ(笑)



さて、夜逃げはこれぐらいにして・・・・



バンコクから次の目的地である

マレーシアでは列車で行く事に。

それまではここものんびり。


よく通ったtruecoffee

P1020156.jpg


毎年来ているカオサンロード

P1020093.jpg

P1020097.jpg

P1020096.jpg

P1010119.jpg


そうだ、バンコクで「A型肝炎」の予防接種の3回目を接種したよ!

P1020143.jpg


タイ編はこのぐらいかな。

次回からはマレーシア編に突入です☆


マレー鉄道でペナン島に出発!!!!!!

P1020166.jpg

P1020165.jpg

P1020164.jpg

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

タイ・ラオス・ミャンマーが見渡せる土地って??

今日の深夜便でついにパース


からメルボルン出発です!!!


im happy to leave in Perth




でも・・・・・


ブログはまだまだタイ編。



突然ですが

ゴールデントライアングル

って知っていますか??



タイの最北部。


チェンマイからチェンライまで観光バスで行き、

そこから市バスでチェンセーンまで行くんです。

P1020052.jpg


そこからさらにソンテウで10km程行ったところに

P1020085.jpg

「タイ」と「ラオス」を隔てるメコン川と

「タイ」と「ミャンマー」を隔てるルアク川

が合流する地点があるんです。


ここは「ソップ・ルアク」という街なんだけど、

ここを「ゴールデントライアングル」という

名前で観光地として売り出しているんです。

P1020055.jpg

P1020056.jpg

P1020057.jpg


至るところに「ゴールデントライアングル」と書かれた看板が掲げられています。

P1020059.jpg


ゴールデントライアングルとは

「タイ」・「ラオス」・「ミャンマー」

の3地点が見渡せる場所なんです。

説明書きだとこんな感じ

P1020071.jpg


実際にタイ側からの眺めはこんな感じ

P1020063.jpg

奥右が「ラオス」
奥左が「ミャンマー」
手前が「タイ」

完全に国境の町でイミグレもあるんだけど、

どこか澱んだ暗い雰囲気が漂う場所・・・。


というのもこの地域ってタイ映画とかでは

タイマフィアの潜伏地として有名で、

今は違うけど、実際は昔はそうだったみたいなんです。



アヘンが周辺地域で栽培されたり、麻薬製造、密

売組織のボスのクンサーの本拠地だったりしたんです。

今は、そのアヘンが栽培されていた場所に

博物館が建てられてそれらの説明がなされています。

P1020073.jpg

P1020075.jpg

P1020079.jpg

P1020080.jpg


かなり暗い雰囲気が漂っているって聞いていたので

チェンライを拠点にして日帰りでゴールデントライアングルに行ってきました。


チェンライは取り立てて見所はなかったなぁ。


街の真ん中にあるやたら豪華な時計塔

P1020040.jpg



わかるかなぁ??

道を隔てたところにセブンイレブンが2軒!!意味なくない?

P1020101.jpg


チェンライには合計2泊してチェンマイに戻り、

バンコクに夜行バスで戻ることになりました。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

古都チェンマイで寺巡り??

首長族のいるメーホーンソーンを後にして、チェンマイにやってきました。


このチェンマイに行く前に

「MPツアーが夜逃げした」

というなんともショッキングなニュースがtwitterから流れてきました。

実はタイ北部に来る前に荷物のいくつかを「MPツアー」に預けて出てきたんです。

その荷物の行方が心配を心に残したままチェンマイに到着。


チェンマイのバス停から市内まではソンテオを利用し、旧市街へ

チェンマイの中心の旧市街は城壁で囲まれ、穏やかでのんびり過ごすことができます。

P1010983.jpg

P1010991.jpg


しかもここはビザランに行くための街、

「メーサーイ」

に日帰りで行けるため、長居する人も多いとか・・・。



旧市街の入口となる「ターペー門」

P1020021.jpg


チェンマイは古都というだけあって仏教寺院がたくさん!!!

ということで寺院巡りをしよう。




・・・・・




・・・・・




という考えになるのが普通なんだけど、

もう寺にもぶっちゃけ飽き飽きしている

ところだったのでなんとなくボケーっと過ごすことに(笑)


幸い友達もいたので、夜にクラブに行ってみたり

P1020104.jpg

その結果こんな感じになったり(笑)

P1020118.jpg


カフェでゆったりしたり

P1020033.jpg

P1020034.jpg


ナイトマーケットをウロウロしてみたり・・・

10Bのパッタイは過去最安値!

P1020129.jpg


この犬、本物です!!!!

P1020127.jpg


こんな人もいた!

P1020132.jpg


乗らないけど、チェンマイの鉄道駅に行ってみたりもした。

P1020026.jpg

P1020027.jpg

ちなみここでマレー鉄道のチケットを手に入れました。


とまぁ、特にチェンマイらしいことをせずに

のんびりと過ごしていたんだけど、

最終日にちょっとだけ近場の寺を見ることに。


旧市街を抜けて西に行ったところにある

「ワット・スアン・ドーク」

P1020139.jpg

P1020140.jpg


旧市街のど真ん中にある「ワット・プラ・シン」

P1010994.jpg

P1010995.jpg


お坊さんもいっぱい

P1020006.jpg


これも中心にある「ワット・チェディ・ルアン」

P1020009.jpg

P1020016.jpg


ホントはチェンマイ市内を一望できる

「ドイ・ステープ」にも行きたかった

けどまぁめんどくさくなって行かなかったよね~!!!



チェンマイの次の目的地はここから更に

北に行ったところにある「チェンライ」

そして「チェンセーン」からの

「ゴールデントライアングル」



次回は3カ国が見渡せる「ゴールデントライアングル編です」

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。