PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

のんびりインレー湖で観光しない??

ミャンマー最後の都市はインレー湖


バガンから夜行バスで11,000MMK


早朝の5時半にインレー湖の街の「ニャウンシュエ」に到着

DSC_0268.jpg


標高が結構あるみたいで朝はめーっちゃんこ涼しい!!


避暑地に来たって感じ!


朝のインレー湖

DSCF5594.jpg

DSCF5597.jpg


日が出て宿を探すことに。

サイカーのおっちゃんに聞いてやってきたのが

「BigDrum」ってGuestHouse

2013年の3月に宿をオープンしたばかりということでまだどこにも載っていない。

だから、きっとどこよりも安い、1泊ドミトリーで5USD

DSC_0251.jpg


ミャンマーはサイカーのおっちゃんに安宿を聞いて、

連れて行ってもらうのが一番安く宿代を済ますことができる方法でもある。


だいたい貧乏バックパッカーは

自力で歩いてガイドブックに載っている宿を目指すけど、

ミャンマーは人がいいから現地の、

特にサイカーの人に聞くのが一番イイ(・∀・)


乗り物代の投資だけで他のバックパッカーよりも節約ができる。

大型荷物をもってのDoor to Door ってのも魅力的だしね。


さて、このインレー湖には3泊したんだけど、長閑な街で魅力的。

DSCF5701.jpg

DSCF5687.jpg

DSCF5688.jpg


治安も非常に良好。

机の上に札を広げるおじさん

DSCF5734.jpg


マーケットは昼過ぎまで営業

DSCF5728.jpg

DSCF5727.jpg

DSCF5726.jpg

DSCF5724.jpg


このマーケットの屋根低い・・・

DSCF5732.jpg


トラックに人乗りすぎー

DSCF5679.jpg


そしてインレー湖の見所はもちろん、

「インレー湖」なんだけど・・・


乗らなかった、ボート(>_<)

ボートに乗ってインレー湖に出て観光をするっていうのが外国人旅行者には一般的。

DSCF5641.jpg

DSC_0283.jpg

DSC_0284.jpg


現地人はエンジン付きボートに何人も乗る

DSCF5710.jpg


一方、ツーリストはひとつのボートに4人しか乗せてくれない。

1台チャーターが150,000MMK

カヌーは二人乗りで1台チャーター1時間で5,000MMKする。

まぁボートに乗らなくともインレー湖を満喫できたんで!!!!


この涼しい気候で風邪も喉の痛みも完治できたんでよかった。


バンコク土産にミャンマー産ラム酒700mlで

約2USDという破格のお酒を買い、

4月10日にヤンゴンに夜行バスで戻った。


ヤンゴン行き夜行バスは140,000MMK


ニャウンシュエ(インレー湖の起点の街)で

チケットを買えば大型バスが通る

シュエニャウンまでは無料のピックアップに乗ることができる。



ヤンゴンで1泊してミャンマーはこれで終わり。


ヤンゴン市内から市バス(51番)に

乗って空港近くのマーケットまで行き、

そこからさらにバスに乗れば空港に行ける。


ん、だけど、バス乗り場がわからず、

空港まで歩いていたらタクシーが声かけてくれて、

なんと無料でタクシーに乗せてくれて空港まで送ってくれた。


すげー優しいミャンマー人。


タクシーをタダで乗せてくれるなんて他の国では絶対ないよね。


最後の最後でミャンマー人の

さらなる優しさに触れ、

飛行機でバンコクへ飛んだ。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ミャンマーの基本情報。ここはニッポンか!!?

さて、最後の記事、インレー湖にうつる前に、

ミャンマーの基本情報をお伝えします。


ミャンマーはアジアの中でもダントツに貧しい国といっていい。


1人当たりのGDPランキングでは、

アジア最貧国と言われている「バングラデシュ」よりも実は低い。


その理由は2012年までの軍事政権時の

米国から経済制裁を受けていたからだろう。


実際、軍事政権時までは両替時の

「実勢レート」と「公定レート」に大きな乖離があった。


・「公定レート」…1USD=15~20MMK程度

・「実勢レート」…1USD=850MMK~900MMK程度



とあまりに違いすぎた。


政府間のお金の動きなどは全て

「公定レート」で賄われていたんで

さぞかし赤字だったに違いない。


実際に日本でパスポートをつくる場合10年用で16,000円ぐらいするけど、

ミャンマーの日本大使館でパスポートを作る場合、

公定レートのMMK支払いになる。


つまり、

16,000JPY=170USD (1USD=94JPY換算)

170USD=3,400MMK (公定レートで1USD=20MMK換算の場合)


よって日本政府に3,400MMK支払えばパスポートが作れたわけだ。


約4USDでパスポートが作れるという異常事態だった。


しかし民主化された影響で

「実勢レート」=「公定レート」と、

なったため今はこのようなことはなくなり、

経済制裁も解け民主化に走り始めている。


人もすごく良くって、

「ミャンマーいいよ~」

って言う人の気持ちがよくわかる。


仕事の作法が日本人気質??

でとても丁寧。


インド・中国・タイといったビッグ経済大国に

囲まれているんで発展スピードはかなり早いと推測します。



それではザックリとミャンマー情報を


●両替レート

1USD=878MMK(2013年03月26日時点)

※空港もヤンゴン市内もレートは同じだった

※昔同様、新品の100USD札が好まれる


●宿

ガイドブックやインターネット上に情報が載っている宿は軒並みインフレ状態

どの都市でも1部屋15USD~20USDが相場になってきている。

※バストイレは外,水シャワー,ファン,インターネットなし,上階といった環境


なお、ミャンマーは外国人を宿泊させるには

宿のライセンス登録がいるみたいで、

我々旅行客が泊まれない宿がいくつもある


●インターネット

ネットカフェはいくつかあるが、

まだまだスローでほとんど繋がらないことが多い。

WiFiカフェと書いてあっても期待しない方が現時点ではいい。


●物価

・水1リットル200~400MMK

・缶のコカコーラ330ml 700~900MMK

・ペットボトルのオリジナルコーラ500ml 300~400MMK

・ヤンゴン市バス200MMK

・ヤンゴンピックアップトラック100MMK

・生ビール330ml 600MMK

・缶ビール330ml 700~900MMK

・大ビンビール660ml 1300~2000MMK

・ミャンマーウィスキー660ml 1500MMK~2000MK

・カレー 1200~2000MMK (米はおかわり自由)

・モヒンガー 200~500MMK

・串揚げ 1本100MMK~


最後に、

ここミャンマーの長距離バス含め、

自動車は日本や韓国からの中古車を輸入して使用している。


その中でもとりわけ日本車が多いんだけど、

日本で廃車になった車をミャンマーへ輸出して

文字もそのままで使用している。


日本の自動車はミャンマーでは丈夫で

イイ車と解釈されているみたいで、

日本から送られたそのままのボディーに

しておくこと(日本語を消さない)で、

「この車は日本からの輸入車だからいい車ですよ」

ってアピールになるみたいだからそのまま使用しているみたいです。


ここは日本か!!?って錯覚に陥るよ(笑)

DSCF5231.jpg

DSCF5270.jpg

DSCF5271.jpg

DSCF5272.jpg

P1050192.jpg

P1050194.jpg

P1050195.jpg



都会は道路インフラがある程度整備されているが、

田舎はまだまだ途上中なんでこれからの発達が本当に楽しみな国だなと思った。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バガンで仏教遺跡見学

モンユワからパコックを経由してバガンにやってきた。


バガンの地に入る前に入場料を10USD支払うことになる。


まずは宿探しだが、

やはり宿代はびっくり

するぐらい高騰している((((;゚Д゚))))


泊まったのは1部屋16USDの「PYINSA RUPA GUEST HOUSE」


2人でシャアなんで1人8USDで。

P1050183.jpg


バガンについた日はなんともなかったけど

翌日にまたまた熱が上がったんで残念ながら

ゆっくりしてさらに翌日にバガン遺跡を観光に行くことに。


バガン遺跡は色んな場所に点在しているんで

宿がある街からは歩いて行けないので、

タクシーチャーターとか、

バイタクとか馬車とかで行く

必要があるが、

ぼくはレンタサイクル1,500MMKで行くことにした。


馬車チャーターは20USDぐらいかな

DSCF5575.jpg


カンボジアのアンコール遺跡をまわった時も

レンタサイクルでまわったけど、

それよりは乗り心地が良い。



遺跡は「オールドバガン」

「ニューバガン」の2箇所にあるんだけど、

ニューバガンは街から結構遠いんで、

今回は「オールドバガン」だけに絞って観光した。


正直ニューバガンに行っても、

おそらくどの遺跡を見ても

結構いっしょに見えちゃうんでそれならもう

「オールドバガン」だけでいったか~!!!

ってことになったの。


1日で自転車でまわるのは早朝の涼しい内(朝7時とか)に

出発して昼前に戻ってくるプランを立てるのがいいですよ。


それから遺跡に入る入場料みたいなのは、

最初にバガンに入るときに払った10USDで

まかなわれているみたいで特に必要ない。

10USD払ってチケットもらうんだけど

そのチケットも特に見せるようなことはなかったです。




遺跡はこんな感じ

P1050128.jpg

P1050129.jpg

P1050132.jpg

P1050138.jpg

P1050147.jpg

P1050148.jpg

P1050150.jpg

P1050153.jpg

P1050175.jpg

DSCF5509.jpg

P1050179.jpg

DSCF5503.jpg

DSCF5567.jpg


それぞれに名前もちゃんとついている

みたいなんだけど、何がどの遺跡なのかはわからない(>_<)


自転車を漕いでいて、

イイなと思った場所で

立ち止まって見学する

っていうスタンスをとってたんで・・・。


有名な遺跡を見逃した可能性もあるけど、

有名なやつより自分がイイなっておもったやつの方がいいやん!!


旅行者に

「○○遺跡行きました?」

って聞かれるけど、

そんなの知りません(‘A`)!!!


ちなみにベストな遺跡はココ。

P1050162.jpg

P1050157.jpg

P1050155.jpg


遺跡自体はめっちゃショボイんだけど、

エーヤワデー川沿いでなんか風情があって好きだった。


さて、バガンのある街は「ニャウンウー村」っていうんだけど、

ここはツーリストプレイスになりきっていてあまり好きではなかった。


安い屋台とかもそんなにない。


だから本来ならば2泊して3日目の夜行バスで

インレー湖に向かおうと思ったんだけど、

高熱が出てしまったんで結局3泊してインレー湖に向かった。


あっ、このバガンの街で恒例の絵葉書を送った。

日本までは500MMK

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

4月1日、モンユワで風邪をひく

4月1日、エイプリルフールじゃないよ。


マンダレーに1泊した後に

モンユワという街まで移動した。


バスで約3時間弱の道のり。


なんだけど、

途中でまずバスが事故った!!!!!


ビックリ、

バイクと接触事故((((;゚Д゚))))


この事故の影響で約1時間の立ち往生。


暑いバスの中で待たされて徐々に体調に変化が・・・?


相手の3人乗りのバイクも人間も幸い怪我なく済んだみたい。


おそらくだけど、

バイク側の過失だったんだろう、

バスの聴取が終わってもバイク側は残っていた。

たまたま事故ったのが警官の交通整備の目の

前だったからはっきり分かったんだろうなぁ。


そんなこんなで、「モンユワ」に到着。


この「モンユワ」には外国人が泊まることの

できるライセンスを持ったホテルが6軒しかなく、

どれもすこぶる高額。

数年前は5USDぐらいで泊まれた宿も今は20USD!!!


「Shwe Taung Tarn Guest House」

で朝食を省いて18USDだった。

すべての部屋にエアコンが付いてる!!

いらねー!!!


と思ってた矢先・・・・


急に体調に変化が。


身体がサムイ、イタイ


かぜひいたー


こんな高い街で風邪ひいて、

延泊したくないから仕方なく郊外観光は中止。


夜までおとなしく寝ておくことに。


晩飯時に薬を飲んてとりあえず市内を散策。

DSCF5423.jpg

DSCF5425.jpg

P1050105.jpg

DSCF5431.jpg


たこ焼き発見

DSCF5435.jpg


街自体は小ぶりですごくいい場所だったから、

オススメなんだけど、如何せん宿代が高額すぎる。(――〆)


イイ街だけど体調がよくってもここは1泊だけだったと思う。

DSCF5437.jpg


この日の夜は酒禁止。


1日休息日に当てた。


エイプリルフールじゃないよ。


翌日は比較的体調が楽になって、


ここから「バガン」に向かう。


行き方は

「モンユワ」→「パコック」→「バガン」

と乗り継いでいく。


「モンユワ」→「パコック」はバスで。

「パコック」→「バガン」はフェリーで行こうと思ったんだけど、

すでに橋が完成していて、

川での交通手段がほぼなくなっている

みたいで結局バスという選択肢を取らされた・・・。


が、


乗ったのがこれ

P1050118.jpg


バイクの荷台。

おれは荷物か!!!


これで2,500MMK取られたけど、これはヤラレタ!!!!


ミャンマーは人がめっちゃイイんで、

もう信じきってたけど、

バスって言われてこれはないわー。


普通のバスもあるみたいだけど、

バイタクの運ちゃんにバスと

言われて連れた行かれた

ところがこのトラックだった。


バイタクとかの運ちゃんも

基本いい人が多いから完全に信じちゃったよ。


あ~、やられたぜーーーー

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

高いよ「マンダレー」!!!!

大満足のままやってきた

ミャンマー3つ目の都市は「マンダレー」


ここは今はヤンゴンからも

エアーアジアが飛んでいる大都市でもあるんです。


そんな大都市にピイから夜行バスでやってきた。


朝7時頃に到着と聞いていたけど

なんと3時ぐらいに着いちゃって、

その場で日が昇るのを待って宿探しに行くことに。


でも・・・、


ここ・・・


めっちゃ高い!!!


安い宿が見つからないんです。


今まで1部屋10USD以下(2人なんで1人5USD以下)で

泊まってたのにどこに行っても1泊シングル15USDぐらいからしかない・・・。


本当に安い宿もないみたいで

仕方ないのでその中でも安かった

宿のGardenHotelに宿泊することに。

1泊18USD(1人9USD)


今までの一気に倍以上!!!


こんな高い場所に長く居られるかー!!!


ということで1泊だけして次の都市に

向かうことを決めたんで、

駆け足で観光に出かけた。


マンダレーの見所は

マンダレーヒルっていう丘があるみたいで、

ここに行ってみた。


他にも○○仏塔とかがあるみたいだけど、

ぶっちゃけ、

どれもいっしょに見えちゃうから、

そういうのは省くことにした。


マンダレーヒルまでは宿がある市内から7kmぐらい離れている。


往路はそこまで歩くことに。


途中にある旧王宮

P1050071.jpg

P1050073.jpg


王宮は正方形の形をしてて、一辺ジャスト3kmあるみたい。


途中にミャンマーらしくない教会も発見!

P1050072.jpg


ゆっくり歩いてマンダレーヒルの麓に到着。

DSC_0237.jpg

DSC_0234.jpg


ヒルの上までは歩いて1時間半ぐらいかな。

DSC_0242.jpg

DSC_0243.jpg

DSC_0244.jpg

DSC_0246.jpg


ここで半分ぐらい

DSC_0241.jpg


テッペンはこんなもん

P1050077.jpg

P1050078.jpg


復路は上から市内までの乗合トラックで1,000MMK

P1050085.jpg


帰って昼飯を食べ、市内を適当にうろつく。

DSCF5395.jpg

P1050084.jpg

P1050089.jpg


晩酌は恒例の生ビールが飲める飲み屋へ

P1050091.jpg


そうそう、

WiFiカフェってところに入ったけど全然ネットが通じなかった。

無駄なコーヒー代1,500MMK(約2USD)だったわ。


もうこの国のWiFiは今はまだ

インフラが整備されていないんで信じない!!

よくなってくるのは、もう少し先の話になってくるのかなぁ。


マンダレーに1泊して、

次は「モンユワ」に向かったのでした。


それにしてもこのところ喉の調子がよくない・・・。(・へ・)


夏バテか・・・


空気が悪いからか・・・

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。