PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アフガニスタンのボーダーまで。物々しい雰囲気・・・。

トルクメニスタンビザの取得が失敗に終わり、

もうこれ以上タジキスタンに用事はなかった

ので次の目的地に移動することにした。



次はアフガニスタン・・・




この響き・・・


なかなか恐ろしいが、

ホーローグでビザを

取得したので次の

目的地はここと決めていた。



タジキスタンの首都ドゥシャンベから

アフガニスタンに入るにはボーダーを

抜けて「クンドゥズ」というアフガニスタンの街を目指すことになる。



だが、

この街が今現在最も危ない町であると聞かされた。


たまたまドゥシャンベの宿にアフガニスタンに

住んでいるドイツ人が旅行に来ていて話を聞いたら、

ドゥシャンベの街にはこっそりとタリバーンが潜んでいてテロ発生率も断トツで高いみたい。


「この街で宿泊はしてはいけない。」

と言われた。


彼曰く、

「アフガニスタン国境を出たらタクシーを

チャーターしてマザリシャリーフまで一気に行った方がイイ。」






チャーター代は大体60~70USDぐらいみたいだ。

んー、たかいなぁ。。。


でも安全に旅行したいし・・・。



かなり葛藤があってウズベキスタンに先に入って

テルメズというウズベキスタンの国境の街を往復

するのもありかなって思ったりもしたけど、何も

ないタジキスタンにこれ以上居たくないという思いもあった。


ウズベキスタンから入国する場合はウズベキスタンのビザの関係上、

さらに4日間ドゥシャンベに滞在しなければいけないのだ。

悩んだ挙句、結局はタジキスタンの国境からアフガニスタンに入ろうと思った。



重要な決定をした前日は意外と眠れなかった・・・。


まずは乗合タクシーがたくさん泊まっている場所までトローリーバスとマルシュルートカを乗り継いで行く。


①乗り場でクルゴンテッパ行の乗合タクシーに乗車する。

30TJS


②クルゴンテッパでパンジポヨン行の乗合タクシーに乗車する。

50TJS



パンジポヨンはアフガニスタンとのボーダーである。


このパンジポヨンの警察の検問で中央アジアで初めて賄賂を要求された。


「君はウズベキスタンのビザを持っているな!ウズベキスタンのテロリストか?」

と、訳のわからないことを言われる。


通して欲しけりゃ金を渡しな!

とよく聞くカツアゲに初めて遭遇してちょっと感激(笑)


やっと中央アジアっぽい悪徳警官と遭遇できた!やっぱりまだいたんだ(笑)


もちろんお金は払わずボケーっとしていると

諦めたのかパスポートを返してくれてもう行けと行ってくる。

あまり張り合いがなかったなぁ。



さて、検問を抜けるとボーダーなのだが、


③このボーダーに入るためだけに、許可のあるタクシーに乗る。

10TJS


ついにタジキスタンを出国するのだ。

出国先は未知で恐怖の国アフガニスタン。


出国時にすべての荷物を出して検査をされた。

さすがアフガニスタンとの国境である。

物々しい雰囲気が感じられた。


だが、荷物チェックの係員がまたもや賄賂を要求してきた。

ここはまだ一応中央アジアなんだなとちょっとホッとする(笑)


もちろんお支払いする義務はありませーん。


なんかいろいろとわけのわからないことをタジキスタン語で言っていたけど何も問題なく通してくれた。


そしてついに出国スタンプが!!!

と思ったら、

なんとここでも賄賂の要求。


さすがにしつこいぞ~~!!!


払うわけないやん。


向こうも駄々を捏ねる。子供か!


当然ながら支払わず向こうも渋々、出国印を押す。


ついにタジキスタンを出国した。


④出国後の緩衝地帯(橋)を専用の車で渡る。

10TJS


着いた先にはアフガニスタンのイミグレーションが・・・。

ついにここまできてしまったのだ・・・。


ということでタジキスタン編は終了。

次回からアフガニスタン編に突入します。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トルクメニスタンビザ取得・・・失敗!!!!!!

ドゥシャンベに来た最大の目的は

トルクメニスタンのトランジットビザを申請するためである。


トルクメニスタンの観光ビザは全旅行日程を決めた

ツアーでないと観光ビザが取得できず、

実質的にバックパッカーが観光ビザを取得するのは困難に近い。


最も簡単な方法はトランジットビザを取得することである。

この国のトランジットビザはトランジット先の

ビザがあれば申請することができる。


●必要書類

・申請書(大使館でもらえる)

・大使館宛のレター(大使館に雛形があるのでそれに沿って記入)

・顔写真のページのコピー1枚

・トランジット先のビザのコピー1枚

・顔写真1枚

・申請料(エクスプレス:所要1週間で55USD/ノーマル:所要2週間で35USD)



さてさて、ウズベキスタンから入国する場合は

「イラン」



「アゼルバイジャン」

のビザが必要である。



ちなみに

「ウズベキスタン」→「トルクメニスタン」→「アフガニスタン」

は取得できない。


自分はウズベキスタンから入国する予定だ。

つまりどちらかのビザを取得していなければいけないことになる。

これは完全に個人的なことだが、

「イラン」に関しては2年前に同じ時期に

訪れているので、今回の旅でわざわざ高い

ビザ代を支払ってまで行こうとは思わなかった。

季節が違えばまた行きたかったが・・・。


しかもビザの取得は旅行会社のインビテーションが必要だったりと何かと面倒でパス。



「アゼルバイジャン」に関しては

これも2年前のお話になってしまうのだが、

アルメニアを訪れた時に

「自称ナゴルノカラバフ共和国」に行った時の

ビザシールがパスポートに貼ってある。

このビザシールがあると実はアゼルバイジャンに入国できないんです。



ナゴルノカラバフは本来アゼルバイジャン領土なのに

アルメニアが不法占拠している場所で、ここに入った

ものはアゼルバイジャンに入国させないとうルールがある。


アラブ諸国のイスラエルスタンプのような感じである。

つまり今のパスポートではアゼルバイジャンのビザを取得することができないんです。




じゃあどうするか・・・・・・




いろいろ考えたんです。

悩んだんです。

何か抜け道があるはずだと!!!

事前に大使館の前に行ってみたらトランジットビザのサンプルが貼ってあった。


このビザシールには「出入国地点の記載がなかった。」


イランで取得したら出入国地点がビザシールに

書かれることはバッチリ知っていたのだが

タジキスタンはどうか知らなかったが、

ビザサンプルを見る限り、出入国地点は記載がなかった。


出入国地点の記載があるとそこしか通れない。

でも記入がないとビザさえ取ってしまえばどこからでも出入国ができる。



ということで、

「アフガニスタン」→「トルクメニスタン」→「カザフスタン」


というルートで申請することにした。

カザフスタンのビザは既に持っている。

これで申請してウズベキスタンから入国

して飛行機でイスタンブールに飛ぼうと考えた。


実際に申請は可能だった。


よし、あとは待つだけ!!!!





って時に



先に申請に行っていた人のビザが出来上がって

いるのを見せてもらったらなんと

出入国地点の記載があった(>_<)!!!




サンプルにはなかったのに、いざ取得してみるとしっかりと書かれている!


こんなのアリ?????


アフガニスタンから入国する予定なんてないよー!!!




あー失敗した。


実際に取得日に大使館に行ってダメ元でウズベキスタンから入国していい??

って聞いたけどもちろん答えはノーだった。


というわけで、タジキスタンでのトルクメニスタンのトランジットビザ申請は見事失敗に終わったのでした。


ちなみに余談ですが、

イランの大使館では

「イラン」→「トルクメニスタン」→「アゼルバイジャン」

の申請はできないみたいだが、

タジキスタンの大使館では

「イラン」→「トルクメニスタン」→「アゼルバイジャン」

の申請で取得できた人を見ました。


ご参考までに

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

首都ドゥシャンベで野宿してみよっかー!!!

ホーローグからの乗合バンでドゥシャンベに移動した。

この乗合バンはラッキーで、

現地人価格で行くことができた。

現地人は

ホーローグ→ドゥシャンベを150TJS(約30USD)

で行くことができるが、

旅行者を見るやいなや

200~300TJSと吹っかけてくる。


今回値段交渉したドライバーはいい人で現地人価格で乗っけてくれた!!!

ホーローグまでは約20時間。


途中川沿いを走るのだが、川の向こうはアフガニスタンである。

DSC_0397.jpg


昼の12時に出発して朝8時頃に首都のドゥシャンベについた。

目指す宿は「Adventure's Inn」

P1060081_.jpg


この宿ではテントを張ることができるのです。

テント泊で8USDと

とーっても高いんです。

ちなみにベッド泊だと1ベッド18USDと高すぎる!


一応WiFiは完備されているがよく止まる。


ドゥシャンベには安宿ってのがないんです。

今のところ、知っている最安の宿が

バッシュホテルで1ベッド15USD。


ここにはWiFiは付いておらずに水シャワー。


ドゥシャンベにはちょっと長く居る用事があるが、

せっかくテントがあるので思い切って何泊かは

野宿してみることにした。


野宿だと宿代の8USDが浮いてタダだしね☆

その分食費にまわせるというわけ。


市内を散策しつつ・・・

イスマーイール・サーマーニー像

P1060074.jpg

P1060077.jpg


オペラハウス

P1060086.jpg

P1060091.jpg


大統領府

P1060092.jpg

P1060095.jpg


めっちゃデカイ国旗。チョットやソットじゃ靡かなそう。

P1060096.jpg


映画館 6Dって???

P1060098.jpg

P1060099.jpg


寝ドコロを探す。


最初は大通りの裏路地の住宅地の公園にテントを張って寝てみた。

そしたら30分置きぐらいに誰かがテントを揺すって起こされる。

終いには警察がやって来て警察署に連行されてそこで寝るなと言われる。

別に警察署に行かなくてもよかったやん!!!


次に寝たのが大通りにあるデッカイ公園

P1060079.jpg


この公園の芝生部分の木と木の間にテントを張ると夜は周りから見えなくなる。

ここは大当たりだった。

実にゆっくりと眠ることができた。

なんで、この公園に合計で4泊もしてしまった。

大きな荷物は宿に預けて必要なものだけ持っていった。


日中はネットが使える飲食店で夜まで過ごして

公園で寝る、まさにホームレス生活を体験したわけでした。


シャワーを浴びたくなったら宿に帰って1泊してまた野宿って感じ。


ちなみにタジキスタンには大手外資系のファーストフード店はなく、

ネットが使える独自のファーストフード店しかなかった。

サザンFCとNYFC!!!

P1060087.jpg

P1060088.jpg

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ホーローグでのアフガニスタン観光ビザ取得

朝6時まで車の中で夜を明かし、行動を再開。

ホーローグで向かうはまずは

「Pamir Lodge」

という宿

P1060058.jpg


なんとも分かりにくい場所に位置している。

タクシー乗り場から歩いたら25~30分ぐらいかかるかな。


ここではやらなければいけないことがあった。


それはアフガニスタンの観光ビザの取得である。


このホーローグにあるアフガニスタン領事館は数少ない、

日本大使館のレターを要さずにビザが取得できる場所の一つである。



各国の日本大使館ではアフガニスタンの

観光ビザを取るためのレターは発行していない。



そりゃそうだ。

この国は未だテロリスト、旧タリバンがあちこちに

隠れていて世界の中で最も危ない国の一つである。


「そんな国に行きたいです。」

って言っても大使館ではレターは当然に発行してくれない。

実際に外務省の海外危険情報ではアフガニスタン全土に

避難勧告が出されている。

日本国民は渡航はしないでください。

と出ているのだ。


そんなアフガニスタンのビザを取得するためにレターが

必要ない場所であるホーローグの領事館にはアフガニスタン

の観光ビザを求めてやってくる旅行者がたくさんいる。



その中の一人である。

P1060071.jpg



●必要書類

・パスポート写真のページのコピー1枚

・写真1枚

・申請書(領事館でもらえる)

・渡航目的を記した自己レター

(領事館で白紙の紙をもらえるのでそれに記載。事前に書いて言っても大丈夫)

・申請料金50USD


知らなかったのだが、

この申請料金がクセ者で、

自分の時は正規料金の

50USDで済んだのだが、

最近は賄賂で100USD請求

されることが多いみたいだ。


自分より早く申請した人や、

後から申請した人は100USD

支払ったみたいです。


自分は50USDを銀行に振り込んで

領収書を提出した形なのだが、

他の人はその場で100USD支払ったみたいだ。


ちなみに自分の時の担当者と

他の100USD支払った担当者は

どうやら同じみたい。

だからどういう基準で賄賂を

請求されるかわからない。


関係があるのかわからないが自分は

タジキスタンのダブルエントリービザ

を持っていたが他の人はシングルエントリーのビザだった。


あと、自分の時は金曜日に申請した。

月~木で十分な賄賂を手に入れたから

金曜日は正規にしているのかなぁ?

ぜんっぜんわからないけど。


とにかく申請料金には要注意です。


これは運かな・・・。


申請自体はホントに簡単で、朝の9時に申請しに行きその日の11時には受領できた。


領事館には申請時間とか全然情報が書いていないけど、

どうやら月曜日から金曜日は営業しているみたい。

土日はわからない。

午後もやっているかはわからない。


ここで手にれることのできるのは

取得日から30日間有効のシングルビザである。


ホーローグでやる事はこれだけだった。

パミールは自然がいい場所で、街自体には特別な魅力はないところである。

ホーローグに1泊して翌日にタジキスタンの首都のドゥシャンベに向けて出発した。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日は休日。苦労したホーローグまでの移動編。

カラコル湖で1泊して今日はまず

ムルガーブという町まで同じ車で移動する。


ムルガーブまでの移動が66USDになっている。


ちなみにカラコル湖での宿泊だけど、

テントを張って寝ていたら宿の人が

中でタダで雑魚寝させてくれるといった

ので甘えることにした。


半分テント半分リビングで雑魚寝って感じの宿泊だった。


カラコル湖を9時に出発した!

と思っていたんだけど、

キルギスとタジキスタンには時差が1時間あるみたいで

実際は8時に出発して、ひたすらパミール高原の山を

登って下り、3時間程度でムルガーブに到着した。

DSC_0390.jpg

DSC_0391.jpg


お昼前にはムルガーブの町に到着した。


大体の人はこのムルガーブで1泊して翌朝に

ホーローグに向かう人が多いんだけど、

自分はホーローグでビザの取得を控えているため、

本日中(木曜日)に出発したかった。

金曜日の昼以降にホーローグに到着しちゃうと、

月曜日の朝までホーローグでビザ申請を待たなければ

いけないためなんとしても本日中に移動したかったのだ。



しかし、予定外の事実が・・・。


実はこの日(2013/06/27)は

タジキスタンの祝日で憲法記念日だそうだ。

だから乗合バンも全然人が集まらない・・・。


本来、人が集まれば80~100TJS(16~20USD)で移動できるのだが、

全く乗合タクシー乗り場には人が集まる気配がない。


ドライバーは300TJSぐらいで行ってやると

いうがそこまでの予算はないので、ヒッチハイクを決行!!!


ただここの区間のヒッチハイクも困難で、

100USDとか言ってくるドライバーもいる。

「明日なら行くんだけどねー・・・」と

いう人も多く、なかなか本日行く車が

見つからないし、見つけてもめちゃくちゃ吹っかけてくる。


しかもあるドライバーは

「今日は土砂崩れがあったから行けない。」

とも言ってくる人もいた。

でも行けるという人もいるので何を信用していいのかわからない。

情報が交錯する中、諦めずにヒッチハイクを続けて約5時間弱、

なんと1台だけこれからホーローグに向かうという車を発見できた。

この車は予約車みたいでそれに120TJS支払って連れて行ってもらうことになった。

価格は通常よりも少々高めだが、本日中に行きたいのでこれで大満足。

P1060056.jpg


5人乗りのこの車に大人8人、

子供3人と各々の荷物、

そして1匹のヤギ(笑)を乗せて出発。


ぎゅうぎゅう詰めの中、

悪路をひたすら走って

約10時間ぐらいかけて

AM2時ぐらいにホーローグに到着した。


この移動はめちゃめちゃ疲れたなぁ。


しかも車の中にヤギを乗せていて、

カラダ部分を袋で縛っていたけれども、

ヤギのオシッコが荷物置き場に充満して

テントはめっちゃ小便臭くなってしまった。


途中、確かに土砂崩れみたいな場所があって登りの方は牽引車で登っていた。



AM2時にホーローグに着いてそのまま車の中で就寝して朝6時にホーローグでの行動を開始した。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。