PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アフガニスタン4日目。アフガニスタン出国。2013/07/15

マザリシャリーフに2泊して、

この日はアフガニスタンの出国日。


国境には昼休みがあるということ

だったので朝一に出発することにした。


6時に宿を出発。


宿の道路の向かいにある、

タクシーが止まっている

場所から乗合のタクシーで

アディアイラトンという、

長距離の乗合タクシーが出る場所に向かう。


市内の乗合タクシーは20AFNで白地に黄色の車体のカローラである。


アディアイラトンまでは10分程度で、

カブール等に行く乗合タクシーがたくさんスタンバイしている。


自分はウズベキスタンとの国境の町であるハイラトンに向かう。

ここまでは約90分程度だ。

ハイラトンまでは150AFN。


ハイラトンの国境に到着したのは朝の7時過ぎ。

すでに国境は開いていた。


国境で簡単な出国審査を終えて、

アフガニスタンをあとにする。


国境には橋が掛かっており、

この橋を歩いて渡る。

P1060178.jpg


晴れてアフガニスタンを何のトラブルもなく出国することができた。


4日間という短い滞在だったが、

自身が思っていたアフガニスタンと

想像と違ったアフガニスタンの両局面を

見ることができたと思う。



マザリシャリーフの夜は銃を持った警察がウヨウヨいて、

まさにここはテロが起きやすい最前線の国なんだなという、

日本で報道されているようなアフガニスタンを見た。


しかし日中は至って平和で、全く別の一面を見ることができた。


なかなか行く機会がない、行くのは難しいアフガニスタンに、

次は首都のヘラートやバーミヤン遺跡、ヘラート、ジャムのミナレットに機会があれは行ってみたいな!

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アフガニスタン3日目。アリー廟観光。2013/07/14

恐る恐る眠った夜だったが、

何の異状もなく目が覚めた。


街の様子も至って平穏で

昨日と何ら変わっていなかった。


今日は「ハズラド・アリー廟」に行く。


といっても宿のすぐそばにあるのだが・・・。


マザリシャリーフの最大の見所である。

壁面には繊細な装飾のタイルが貼られており、

この建築物はアフガニスタンで最も美しいと言われているそうである。

P1060142.jpg

P1060146.jpg

P1060155.jpg

P1060167.jpg

P1060168.jpg


ペルシャンブルーの色合いのアリー廟は本当に美しかった。


実際に、2010年度発行のガイドブック

「LONELY PLANET CENTER ASIA」

の表紙を飾っているぐらいだ。

写真掲載の少ないロンプラに写真が載っているほどである。


内部は残念ながら撮影が禁止だったが、内装もめちゃくちゃ美しい。


靴を脱いで入場するのだが、

ここはムスリムにとっては

神聖な場所の一つであるので

半袖半パンで入るのは控えたほうがよい。


アフガニスタンのみならず、中央アジア各地から

中央アジア屈指の聖地として巡礼者が来るみたいである。

しかし、実際のアリーの墓はイラクのナジャフのものとされているそうだ。


マザリシャリーフの街はこぢんまりと

しており特にこのアリー廟以外の見所は

ないが、酷暑でラマダンでなければ居心地は良いと思う。


民族衣装の人も多いが、洋服を着ている人もそこそこ目に付いた。


ラマダンの時期に訪れたのだが、

通常時にはアリー廟のまわりは

露天で埋め尽くされて活気あふれる

場面が見れるんだなと思った。

P1060140.jpg

P1060171.jpg

P1060172.jpg

P1060148.jpg

P1060149.jpg


この日も前日と同じホテルに泊まり、

翌日にはウズベキスタンに向けて出発する予定だ。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アフガニスタン2日目。マザリシャリーフへ移動。2013/07/13

スマトラの家で一泊させてもらった翌日に

マザリシャリーフに向かうことにした。


プレホムリは特に観光地もないのだが、

一人では出歩くなと言われていた。


外国人がすごく珍しいので、

治安は比較的安定している街ではあるが、

一人だと珍しがられて何が起こるかわからない

からと、身の心配をしてくれるぐらいいい人だった。


プレホムリの乗合タクシー乗り場まで運転して

もらい4人乗りのタクシーで向かうことになった。

他にもバンタイプもあったのだが、

道中が安全といわれてもやはり怖いので

一番早く着きそうな車で行くことになった。


費用は400AFN


プレホムリから数回の検問を超え、

2時間弱でマザリシャリーフに到着した。

道中は全く安全であった。

P1060117.jpg


道も完璧に舗装されていてタジキスタンのパミール高原の方が圧倒的に道は悪い。


マザリシャリーフは街の東側でタクシーを降ろされた。

どのタクシーに乗っても降りるところは大体同じみたいだ。


降りて目の前に英語表記であった「Ferdousi Hotel」にチェクインした。

P1060135.jpg


バックパッカー特有のいろいろと安い宿を

探して回りたい本能はこの国では抑えていた。


私服で大型荷物を持って歩き回るのは流石に、

「ここに外国人がます。狙ってください。」

と行っているようなものだからである。


この宿はシングル500AFNだった。

正真正銘の外国人を泊めることのできる宿だった。

だが、シャワーはなし。


宿、タクシーを降りた場所には両替商がいくらか並んでいた。

100USD=5700AFN

20USD=1100AFN

\2000=1160AFN

であった。

再両替も可能である。

意外にも日本円が最もレートがいいみたいだった。


メインのアリー廟は楽しみに翌日に取っておいた。


この日は絵葉書を出しに行った。

土曜日だったが午前中は営業していた。

絵葉書は郵便局では売っていないがバザールとかで売っている。


※ちなみにアフガニスタンからの絵葉書

はあっという間に日本に届いた。

1週間かかっていない。

中央アジアは軒並み1ヶ月ぐらいかかるのに郵便レベルが高い・・・。

確かにタジキスタンよりは国際線がカブールからガンガン飛んでいるが。。。



人も優しいし、すべての面でタジキスタンに勝っている。



ちょっと残念だったのは現在ラマダン中で

日中は食事屋台が全滅していることぐらいか・・・。

売店やスーパーはあいている。


あと、めちゃくちゃ暑い!!!!!


ひたすらコーラばっかり飲んでいた。

宿には従業員用の冷蔵庫があってそこに入れとけたのがよかった。


夕方の6時半以降にあると若干屋台が出没し始めるが

1時間程度で店終いするところが多かった。

夜は危険ということなのか???


宿の屋上から夜の街を見るとゴッツイ拳銃を持った警官で溢れていた。

これじゃ営業はできないはずだ。

さすがにちょっと怖かった。

急に窓から襲われるんじゃないかとか・・・。

この日はそそくさと寝ることにしたのだった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

第39ヵ国目アフガニスタン入国。 2013/07/12初日

タジキスタンからアフガニスタンに入国した。

タジキスタンとの緩衝地帯を車で抜けるとアフガニスタンの国境だ。

ついに足を踏み入れる大地アフガニスタン。

緊張の面持ちでイミグレに向かう。


イミグレでは暇そうな税関員がおしゃべりをしていた。

私に気付くとどこの国でもあるようにパスポートの提示を求められた。

至ってノーマルで特別な質問や荷物検査もなく難なくスタンプを押された。



ここを出ると本当にアフガニスタンである。


ドキドキしながら最初の一歩を踏みだすと早速、

隣にいたアフガニスタン人に話しかけられた。


しかも流暢な英語でである。



中央アジアでは

「母国語+ロシア語」

という文化圏だったがココは違うみたいだ。

最初に話した人がいきなり綺麗な英語だったから。


どこに行くのかと聞かれ、

とりあえずクンドゥズに向かって

そこからマザリシャリーフに向かうと答えると、

タクシーでいっしょに乗せいってあげると言ってくれた。


身なりは非常に綺麗なアフガン衣装、

所謂民族衣装を身に纏っていた。


周りの他のアフガン人とは衣装のキレイさが圧倒的に違う。


国境からクンドゥズまでの乗合タクシーの相場は400AFN(約8USD)である。

国境での両替レートは100USD=5,000AFNであった。


ただ、彼の助言により国境では両替をしなかった。

レートが頗る悪いそうだ。


アフガニスタンでは安全を買うつもりだ。

たとえタクシーでも危なそうなら避け、

信頼できそうな人がいたら多少高く

ついたとしても、それに便乗しようと考えていた。


最初に話しかけてきた人は周りとは明らかに異質な

気品を感じ、早速だがこの人にお世話になろうと思った。


彼の名前は「スマトラ」である。

日本人の顔立ちで元サッカー日本代表の稲本に似ている。


いっしょにタクシー乗り場まで歩いて同車した。

車は日本産のオートマで、乗り込むと車は勢いよく走り出した。


ひたすら一直線の道を時速100km以上のスピードで走り続ける。

クンドゥズまでの道のりは約75kmである。


車の中で最も心配している現在のタリバンの活動について聞いてみた。

タリバンはさすがにアフガン人みんな恐れているみたいだ。

ただ、基本的に街中にはいなく、

道中も見ることがないので怖がらないでいいと言われた。

それで恐れが取れるほど度胸はない。


例外的にクンドゥズはだけはテロリストや

タリバンの標的に最近なっていると言われた。

やはりタジキスタンでの情報収集通りだ。



実際に外国人治安部隊が数人クンドゥズエリアで殺されたらしい。

これに対してタリバンは犯行声明を出したみたいだ。


やはりクンドゥズは危険だ。


すぐにマザリシャリーフに移動しようと考えていたら、

スマトラが私の家に来ないかと誘ってきた。


彼はクンドゥズとマザリシャリーフ道路のちょうど中間地点、

首都カブールに行くための分岐点の街でもあるプレホムリ

という地域に住んでいるそうだ。


ここは今まで抗争が起こったことがない

ぐらい安全でクンドゥズで泊まるぐらい

なら私の家に来た方が安全だと勧めてくれた。


英語教養力、人柄、資金力、総合的に判断して彼の家に1泊だけお世話になることにした。


国境から直でプレホムリに行く乗合タクシーはほぼ

ないみたいだが、あれば相場は600AFN(約12USD)である。



イスラム圏では「私の家に泊まりに来たらどうだ?」というお誘いはよくあることだ。


いつもであれば経験と思い特別な警戒も

せずにホイホイ着いて行くのだが、

さすがにここはアフガニスタン。

失礼な話ではあるが、さすがにかなり考えた。


考えた私の判断は正しかった。


彼の家は警備員がいるほどの豪邸だった。

彼はアフガニスタンテレコムという会社に勤めているみたいだ。

日本でいうNTTのようなものか。

電話代とネット代がかからないみたいである。

インターネットはADSLをひいている。


家では個室を与えられ、夕食をご馳走になり、

ホットシャワーも使用させてもらった。

ありがたい限りである。


この日はテロに怯えることなく快眠することができたのだった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。