PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

モスタルのスターリ・モスト

サラエボから列車で南下してモスタルという地域にやってきた。


ココはオスマン朝時代の影響が色濃く残る街であり、

世界遺産で有名な「スターリ・モスト」という橋が

ある街であり、ボスニア・ヘルツェゴビナで一番の?

観光地だと思われる。


クロアチアのドブロヴニグから日帰りで訪れる観光客も多い。


モスタルのバス停からはすぐ着く。1kmぐらいかな。


自分は日帰りではなく、ここに1泊の予定なのでまずは宿にチェックイン

宿といっても泊まったのはアパートみたいなところだった。

ドミトリーを一人で貸切!

「Hostel & Apartments Zdrava Hrana」で8.50ユーロ

P1060702.jpg


荷物を置いて早速市内を散策。

町には土産物屋も多い。さすが観光地!

DSC_0813.jpg

DSC_0808.jpg

DSC_0833.jpg


もちろんムスリム側なのでモスクも多い

DSC_0824.jpg

DSC_0852.jpg

DSC_0847.jpg


だがここも紛争中の1993年に爆撃を受け、橋も破壊された。

町にはサラエボと同様、多くの墓地があった。

DSC_0849.jpg

DSC_0850.jpg

DSC_0851.jpg


橋はユネスコの協力で復元されて現在では立派なアーチを描いている。

DSC_0855.jpg

DSC_0856.jpg

DSC_0827.jpg


ただ一つ残念だったのがこの日は日曜日。

あまり多くのお店が開いていなかった。

平日だったらもっと開いていたんだろうな。


街歩きも1時間あれば、スターリ・モストしかないので充分見て回れる。


夕闇に浮かび上がるスターリ・モストも見たかったんだけど、

なんか19時ぐらいに寝てしまって見れなかった(>_<)


疲れてたのかな・・・。



翌日はバスでクロアチアに向けて出発だ。


ボスニア・ヘルツェゴビナは3つの宗教を持つ

民族が調和の取れた形で共存している。

イスラエルのような緊張感がなくコスモポリタンな国だなと思い、

東ヨーロッパの中では今のところ一番よかったなぁ。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

スナイパー通りを歩いてみた・・・。

今回もサラエボ編。


今日はサラエボの駅近くにある

「Zmaja od Bosne」ストリート

通称

「スナイパー通り」

を歩いてみることにした。


スナイパー通り・・・


ちょっと名前が怖いが、

その名の通り、

「狙撃される道」

なのである。


セルビア紛争の際、高層ビルに潜んだセルビア人テロリストが

動くモノをなんでも狙撃したという暗い歴史のある通りなのだ。

今はトラムやバスが通り、トンネル博物館に続く大通りになっている。

DSC_0805.jpg


バスは日本の寄付でできたものも多い

DSC_0759.jpg


今はもちろん高層ビルがたくさん乱立しているがここから狙撃されたかと思うとゾッとする。

DSC_0762_.jpg


実際に流れ弾が壁の至るところに残っている

DSC_0760.jpg

DSC_0761.jpg

DSC_0764.jpg


狙撃の対象はテロリストだけでなく、

子供や老人等、動くものは全て狙撃の対象になったという。


特に駅前や大学がある「グルバヴィッツァ」通りが最大の犠牲者が出た場所である。

DSC_0763.jpg

DSC_0758.jpg


今は平和を取り戻しているがなんとも

恐ろしい場所だったのだと安易に想像できる。


これがつい数15年程度前の出来事なんだから決して昔の出来事ではないのだ。


サラエボには1984年に冬季オリンピックが

開催されたがその補助グランドにはここで

亡くなった人たちの多くの墓地になった。

本当に墓地が多かった・・・。

DSC_0787.jpg

DSC_0788_.jpg

DSC_0789.jpg

DSC_0791.jpg

DSC_0792.jpg

DSC_0793.jpg


サラエボはアジアとヨーロッパの融合された街というだけでなく、

民族同士の争いが絶えない愚行な街だったが、問題を多く抱えて

いるものの徐々に明るくなってきている新しい国家なんだなと実感した。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

サラエボ到着!!ここはヨーロッパの中のアジアか!?

ヴィシェグラードからサラエボに到着!!


サラエボにはバスターミナルが二つあって、

共和国側に行く便や共和国側から来る便は

町外れの共和国側のバスターミナルに到着する。


そこからトローリーバス103番で中心部に行ける。

金額はチケット売り場で買うと1.6KM。

運転手から直接買う場合はもうちょっと高いみたいだ。


市内に到着してまずはチェックイン。

宿は「LJUBICICA」

格安の1泊5ユーロ

DSC_0747.jpg


市内中心部に到着してビックリ((((;゚Д゚))))

ここはアジアか!?

って感じだった。

到着した日は夕方だったので観光したい気持ちを抑え翌日に!!!

翌日は朝一から行動。


アジアかと思ったのはモスクが中心部にそびえ立っている。

DSC_0749_.jpg

DSC_0772.jpg

DSC_0778.jpg

DSC_0748_.jpg


人もアジアというか中東チック!

DSC_0782_.jpg

DSC_0783.jpg


さすが連邦側だ。ムスリムが多い!

連邦側はムスリムとクロアチア人の地域なのだ。

なんかトルコっぽい!!!


ヨーロッパの要素を残したアジアって感じ。


今までの東ヨーロッパは、なんとなくアジアっぽい

かんじが若干残ってるなーっていう程度だったけど、

ボスニア・ヘルツェゴビナは完全にアジア感たっぷりで楽しい!!


物価は若干高いけどね(笑)


もちろんモスクだけでなく教会もある。

DSC_0796.jpg

DSC_0751.jpg

DSC_0780.jpg


ラテン橋

DSC_0773.jpg


夜はライトアップされている

DSC_0797.jpg


マーケットもアジアっぽさを残している

DSC_0752.jpg

DSC_0753.jpg


久しぶりの中東っぽさを感じてなんか大満足の街歩きだった。

街歩きのついでに翌日のモスタル行きの列車のチケットを取りに行った!

バスより列車の方が安いみたいだったのでね。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

第47ヵ国目 ボスニア・ヘルツェゴビナ入国。セルビア人共和国側のスルプスカ共和国

セルビアのウジツェからバスでボスニア・ヘルツェゴビナにやってきた。


ボスニア・ヘルツェゴビナは単一国家ではあるものの、


「ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦」

のクロアチア人・ムスリム人エリアと、


「スルプスカ共和国」

のセルビア人エリアとで

分かれているヨーロッパでは特殊な国である。


通貨も連邦側と共和国側で紙幣の肖像が違っている。

ただし、どちらでも使用は可能である。

これは10KMだけど、肖像画違う

連邦側

P1060704.jpg


共和国側

P1060700.jpg


今回はセルビアからスルプスカ共和国側の「ヴィシェグラード」に入国した。

DSC_0724_.jpg


そういえば久しぶりにパスポートにスタンプをもらった!!


このヴィシェグラードは小さな村で、

ノーベル賞作家の「イヴォ・アンドリッチ」の傑作

「ドナリの橋」の舞台になっているみたいで、

ここら辺の人で知らない人はいないみたい。


そして2007年に「メフメット・パシャ・ソコロヴィッチ橋」が

世界遺産に登録されてみたいで、これを見ておくことにした。


ヴィシェグラードは山に囲まれた田舎町だ。

DSC_0743.jpg

P1060667.jpg

DSC_0726.jpg


ヴィシェグラードはこの橋を見たらすぐに

首都のサラエボに移動する予定なので、

大型荷物を持っての移動になる(>_<)


ウジツェからのバスは幸い、橋の目の前に到着。

目の前にはTourist Informationもあった

DSC_0722.jpg


聞いたらサラエボ行のバスは橋の向こう側から出るみたいだった。


そしてこれが世界遺産に登録された

「メフメット・パシャ・ソコロヴィッチ橋」

DSC_0731.jpg

P1060672.jpg

DSC_0741_.jpg

DSC_0742.jpg

DSC_0746.jpg

DSC_0739.jpg

DSC_0734.jpg


見所はホントここだけで、それ以外は特に観光ポイントがなかった。

ヴィシェグラードの滞在は5時間程度。

13時頃に来ると言われたバスに乗ってサラエボに向かった。


バスはヴィシェグラード発ではなく、

他の地域から来るバスに飛び乗る形

で1日3本ぐらいしかないみたいだった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。