PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ジンカマーケットでムルシ族に出会えず……

アディスアベバで6泊した後、

ジンカという街に行ってみた。


まずは朝5時台というあまりにも早い時間帯の

バスでアルバミンチという街まで行きそこで1泊はさむ必要がある。


1泊後また朝5時台に同じバスに揺られて昼前にジンカ村に到着した。


深夜のバス運転が禁止されていることは知っているが

6時間ぐらいで着く距離でわざわざ朝の5時に

集合する意味があるのかと思ってしまう。。。


実はエジプトから一緒に南下してきた人たちは

一足先にほかの民族を見るためにジンカに来ていた。

後発組の数人はさらにバスで出会った日本人5人とともにジンカに到着した。


今日は金曜日で明日の朝からジンカマーケットが始まる。


ここにムルシ族が買い物にやってくるのだ。


エチオピアの民族といえばムルシ!!!


というぐらメジャーな、

唇に皿をはめ込んでいる民族である。



さっそく写真を載せたいところなのだが、

実は一枚も撮る事が出来なかったのだ。



実はこのジンカマーケットを取り仕切っているのは

「アリ族」と呼ばれる民族みたいで現在

「アリ族」と「ムルシ族」が抗争しているらしかったのだ。


金曜日に街を歩いていると

「ムルシ村に行かないとムルシ族には会えないぜ。」


という客引きに数多く声をかけられた。


そんなこと、ツアー代を稼ぎたい単なるでまかせ

だろうと嵩を括っていたのだが、どうやらこれは

事実のようで土曜日のマーケットでムルシ族の姿を見ることはなかった。


何のためにわざわざ遠くのジンカまで来たんだよーーー!!!!


でもそんな情報なかったから行ってみるしか

なくって行ってみたらそうだったっていう残念な結果。


もちろん、ジンカ村からいわゆるツアーでムルシ村に行き

さえすればムルシ族の姿は拝むことはできるのだが、ネックなのはバカ高いツアー代金。


車代やらガイド代やら諸々の諸経費を合わせても3,000~4,000円はくだらない。


エチオピアでは「ダナキルツアー」という超高額ツアーに参加したので

これ以上のツアー代の出費というのは残念ながらできない…。


今回はムルシ族を泣く泣く諦めることとなった。

まぁダメなときはこんなもんでしょ!!!

って感じ。


ジンカ滞在中にちょうど2014年ブラジルワールドカップの

アフリカ最終予選の最終戦が行われていてそこにエチオピア代表

も残っていてTVで試合を観ていたんだけど残念ながらエチオピアは

ワールドカップ出場を逃した。。。


ツイテないときってのはこんなもんだよねー。

ということでケニアに向けて気持ちを切り替えた。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アディスアベバで休息!!?

ダナキルツアーが終わり翌日、

無事に首都のアディスアベバに到着した。


今まで結構な弾丸で動いてきたけど、

今回はここに長く留まることに。


と言っても6泊なんだけど、それでも休息には十分な日数である。


長く留まる目的は

土曜日のジンカマーケット

に照準を合わせているからだ。


毎週土曜日にエチオピアと南スーダンの国境付近にある

ジンカという街でマーケットが開催されるのであるが、

そこにムルシ族という伝統の民族が買い物に来るので

それを見るためにそれまではアディスアベバに待機するのだ。





といってもアディスアベバは単なる首都。


取り立ててすることはない。


本当に休息である。


雨も多かったのでぶっちゃけあまり出歩くこともなかったが、

まぁ近くのショッピングモールに行ったり、

インジェラを食いに行ったり、

エチオピアコーヒーを飲みに行ったり、

アボカドジュースを飲みに行ったりとやったことってホントその程度。


食ってばっかりやな。

P1090924_R.jpg

P1090923_R.jpg

P1090906_R.jpg

P1090907_R.jpg

P1090908_R.jpg

P1090909_R.jpg



コアな旅人はここでソマリランドのビザを取得して

お隣のソマリランドやジブチにも足を延ばしたりするのだが、

いかんせん、あまりアフリカが好きになれていない自分がいて、

わざわざそこまで行く必要ないかなって思って今回はパスした。


次はジンカ村編です。


ジンカにはアディスアベバからバスでアルバミンチという

街まで行って1泊して計2日かけて行く奥地にあるのだ!!!

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ダナキルツアー其の六 最終日~首都へ~

マグマ口付近で一泊し朝の日がまだ出ない5時前に起床した。


辺りは真っ暗闇だが、マグマがあるせいで

その部分だけは赤く燃え上がっている。


んー、神秘的だった。


今日はダナキルツアー最終日。


最終日はただ最初の起点の町のメケレめがけて

ひたすら車を走らせるだけの日である。



朝の涼しい時間帯に山を出発し2時間半ぐらいで下山後朝食をいただく。


んー、夜トレッキングした道はこういう眺めだったのかー。

と下山で知ることとなる。

IMGP5459_R.jpg

IMGP5461_R.jpg


朝食後、行きと同様、悪路をひた走る。


4時間ぐらいたってようやく舗装路に出たころにはみんなヘトヘトである。

ここからは本当にずーっと走り続けて、夜7時頃にメケレに到着となった。


いやー4日間お疲れ様でした。

IMGP5470_R.jpg

IMGP5473_R.jpg

IMGP5489_R.jpg

IMGP5492_R.jpg


メケレで到着後は最初と同じホテルにチェックインして、

翌日に首都のアディスアベバに向けて出発した。

シャワールームは垢で真っ黒だったのは言うまでもない(笑)


アディスアベバ行のバスはツアーの前に予約をしておいた。


今まではメケレからアディスアベバまでは

1泊2日の行程を経てでないといけなかった

ルートなのだが、400ETBの少々高めのバスに

乗車すればその日の内にアディスアベバに到着できるのである。


集合は朝4時と殺人的な早さである。

ツアーの疲労を睡眠で取ることなく、翌日首都のアディスアベバに向かったのだった。

バスは無事に夜7時頃にはアディスアベバに到着したのだった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ダナキルツアー其の五 ボルケーーーノー

ツアー3日目は2日目に予定されていたマグマに行くことに。


故障した車も元通りになり、準備万端、いざメインの観光地へ!!!!


朝出発して起点のトレッキングポイントに到着したのが夕方4時頃www

DSC_1177_R.jpg


かなりの悪路、というか道なき岩道をひたすら4WDが走り続ける。

かなりガタガタ道です!!!

やってられないぜーってかんじの道のりを延々と走ります。


これ今考えるとAC車じゃないとかなりキツイ。

クソ暑いうえに窓を開けるとホコリまみれになるので

AC付の車を注文しておいてホントに助かった。


というか日本車ってホントすごいんだなって実感した。


日本にいたらそういう悪路を運転することはほぼないだろうけど、

4WDはそういう場所も想定したつくりになっていて改めて日本の技術力の高さを実感した。

と同時に日本で4WDっていらなくない??

って思ったりもした(笑)


ほぼ丸一日移動して疲れている中、この日はこれから夜間のトレッキングが待ち受けている。


早めの夕食を済ませたら辺りはすっかり真っ暗。

P1090890_R.jpg

IMGP5393_R.jpg


これから約3時間半のトレッキングだ。

食料や寝具等はラクダが頂上まで運んでくれる。

自分たちは登り用で必要な水と懐中電灯のみでOK


なんだけど、やっぱ暗いから足元が覚束ない。歩くのも疲れる。

結局4時間ぐらいかかって頂上に到着した。


そして見えてきた


ボルケーーーーノーーーーー!!!!


これもダロール同様、この世離れした景色を拝むことができた。


言葉無しに写真をどうぞ。

IMGP5399_R.jpg

IMGP5403_R.jpg

IMGP5410_R.jpg

IMGP5418_R.jpg

DSC_1874_R.jpg

DSC_1220_R.jpg

DSC_1238_R.jpg

DSC_1881_R.jpg

DSC_1884_R.jpg


マグマ口まで初めて近づいたけどホントに人間が住めるような場所じゃないな。

熱いのは当然として、息がし辛い。長く居るのはキツイ場所です。

この日は山の上のちょっとした場所にマットレスをひいてそのまま睡眠。

翌朝早朝に山を下りることなる。

最後にはじめて放った「かめはめ波」を!!!!!!

DSC_1863_R.jpg

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ダナキルツアー其の四 ダロール

スケジュールに変更はあったがとりあえず予定されているすべての観光はできるみたいなので一安心。


昼食後、最終日に予定されていたダロール観光を行うこととなった。


ダロールとは海抜‐116mで世界で最も低い海抜の

場所の一つでカラフルな硫黄を見ることのできる場所である。


これ以外にも色々寄るところはあるのだが、とりあえず写真を見て下さい。


今回はブログというよりかは写真展みたいな感じです。

DSC_1057_R.jpg

DSC_1062_R.jpg

DSC_1066_R.jpg

DSC_1080_R.jpg

DSC_1098_R.jpg

DSC_1111_R.jpg

IMGP5140_R.jpg

IMGP5164_R.jpg

こういう場所がまだ地球上に存在するんですね。

想像を遥かに超越した絶景で間違いなく人生でベスト3に入る場所だと思った。

においは硫黄というだけあって、温泉です。


秘境と呼ぶに相応しく、かなり過酷で水は必須だがすぐ熱くなる。

過酷な体験をしたものが味わえるご褒美といったところでしょうか…。


ダロールのほかにもちょこちょこ立ち寄った場所がこちら。

DSC_1131_R.jpg

DSC_1133_R.jpg

DSC_1140_R.jpg

DSC_1779_R.jpg

DSC_1770_R.jpg

IMGP5252_R.jpg

IMGP5243_R.jpg


そして最後に「ソルトレイク」と言われるところに

連れて行ってもらったのだが、ここはボリビアか??

ここはウユニ塩湖の雨季なのか??

南米に行った人曰く、それを彷彿とさせるような場所だそうだ。


ウユニ塩湖の鏡張りのような景色が広がっていた。

IMGP5258_R.jpg

DSC_1148_R.jpg

DSC_1801_R.jpg

DSC_1807_R.jpg

IMGP5328_R.jpg


最後に、


ウユニ塩湖ではよくやるであろう

「UYUNI」

に対抗して

「AFRICA」

ってやってみたwww

IMGP5355_R.jpg


なかなかやる人いないでしょこれはきっとレアやね(笑)


この名もなきソルトレイクは本来最終日の昼頃に訪れる予定だったけど、

車が故障したおかげ?といっていいのかはわからないが、

夕暮れのかなりいい時間帯に行く事が出来たのでかなりツイテいた。


南米ウユニ塩湖のトリックアートの予行演習が出来た観光初日だった。

----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。