PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

謎の国!?イラク入国。ここはクルディスタン自治区である。

イラクに行ってきました。

イ、イラク…??


この響き…、

日本で世界情勢のニュースを見ていると怖い響きにきこえますよね。


そもそもアジア圏内で

「イ」

の付く国って何かと国際問題で取り上げられることが多いよね。


「イラン」…北朝鮮同様、核開発や世界を敵対視している国。そしてテロ支援国家。

「イスラエル」…アメリカに守られていることをいいことに中東に対してあらゆる暴力を仕掛けている国
        そしてパレスチナ問題。

「インド」…核実験もさることながら、パキスタンとのカシミーユ地方の解決に至っていない国。

「チャイナ」…チベット、内モンゴル問題。人民元切り上げ問題。

「タイ」…カンボジアとの国境の緊張、首相交代等による国民の暴徒化があった国。


そして

その中でも特に世界で

危険とされている地区


「イラク」…イラク戦争(フセイン)とそれにまつわるクルド人問題、

      フセイン亡き後、リーダー不在の中、テロやりたい放題の国。


いったいここ「イラク」には何があるのだろう。


そんな思いで足を運んでみました。


イラクに行ったといっても、比較的安全と言われている

北部のクルド人自治区のみ。


行き方や宿の情報に関してはこちら

http://worldquestssi.blog98.fc2.com/blog-entry-114.html



街を歩いていて、思ったことは

「本当にここがイラクの一部なのか?」

ということ。


流石に警戒して臨んだのだが、一言で片づけてしまえば

「the・平和!」

これを感じたのが街の両替商

両替商といっても店を持っているのではなく、

ただ、道端にガラスケースを持ってきて営業しているような感じ。


安宿街にちょっとしたバザールがあるんだけど、

そこで見た道端の両替商は鍵もかけずに札束を広げている光景。


安全だからできることなんだろう。



日本ですら外でお金を広げたら、

なんかの拍子で目をつけられる可能性がありそうなのに、

ここではそんなこと一切ないのだろう。

お金も他の国のように破れていたりとかそんなこともなかったし、普通に両替ができる。


物価も意外と高い。

トルコ並といったところであろうか。


そして、クルディスタン地区に出稼ぎに来る人もそこそこいるそうだ。

トルコへ戻るバスの中で日本に10年間住んでいた、

日本語ペラペラのトルコ人に会ったんだけど、

その人も依頼があってクルディスタンで働いていたみたい。

建設関連の仕事みたいなんだけど、トルコよりも依頼料(給料)がよくて引き受けたんだって!



国としてのイラクは問題が山ずみだけれども、

国土の20%のクルディスタン自治区に関しては決してそうではない。


事実、例えばサッカーの国際試合のイラクのホーム戦は

クルディスタン地域で行われることが殆どだそうです。

10日未満であればビザ(観光・就労)も必要ないみたいだし。


さらにキャッシングできるATMもあり、VISAカードやMASTERカードが使えるお店もある。
P1070730.jpg


ACがガンガン効いている大きなショッピングモールもある。
P1070731.jpg


外資系のファーストフードも進出してきている。
P1070727.jpg


ここはイラクであってイラクでない。


もちろん今はまだイラク領土内ではあるけれど…



湾岸戦争でイラクが敗北した後、フセイン大統領の持っている兵力が

衰えたとみたクルド人は「今こそ独立できるチャンスだ」

と考え、独立を求めてデモを仕掛けたが、逆に返り討ちに合い、

数10万人が虐殺されるという傷ましい事件後、

アメリカ・イギリスに守られる形で北緯36度以北で

生きてきたイラク出身のクルド人たち。


フセインがクルド人大量虐殺の罪で国際法によって死刑になった後も

浮かれることなく働き、今の秩序ある社会を築いており、独立のチャンスをうかがっている。


クルド独立に向けた問題はトルコを含めた大きな社会問題の一つになるが、

クルディスタン自治区を見ている限り、彼らの知恵と能力をもってすれば

不可能なことではないのかなと感じました。


旅行者らしい観光はほぼしていないけれど、

新しい発見があったイラク。

来てよかった。イラク。
スポンサーサイト


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントの投稿

Secret

ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。