PV

第一章 アジア編


第二章 オーストラリア編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

国境セレモニー其の弐:パキスタン側

インド側で見学したパキスタン・インドの国境クロージングセレモニー。

せっかくパキスタン側にも来たのでこちらの様子も見に行こうと思い国境まで行ってみた。


当初はパキスタンについたその日にそのまま国境に

残って見学してから市内に向かう予定だったのだが、

車で市内に送ってくれる優しいパキスタン人家族が

いたのでそれに乗っかる形で市内に向かったので見れなかった。


でもでも時間を作って行ってみることにした。


国境までは市内からバスが出ていない。


ラホール駅

↓ 市バス4番 40Rs

国境手前の街

↓ チングー 10Rs~20Rs程度

国境



ラホール駅前から4番のミニバスに乗り国境付近の街で

降りてそこから乗合の乗り物で国境まで向かう。

DSC_0073.jpg


こうして国境に到着してパキスタン側でも見ることができた。

DSC_0043.jpg

DSC_0046.jpg


インド側に比べたら人は疎ら。

がんばれパキスタン側!!!

DSC_0044.jpg


男性用と女性用で見学場所が分かれている。

インド側同様、鳥のトサカみたいなのをかぶった兵隊がいる。

DSC_0063.jpg


セレモニー自体はインド側の方が盛り上がってたなぁ。


インド側はいろんな人が見に来ていたけど、

パキスタン側はどちらかというとお金を

持ってる人がたくさん来ていたというイメージだった。


国家歌ったり、盛り上がりはするものの、どこか上品!!


帰りは国境で知り合ったパキスタン人に

またまた車で市内まで送ってもらった。

しかも夕食もいただいて、なんて親切なんだろう・・・。


しかもこの国では贅沢なKFCをご馳走になった。


感謝カンゲキ!!


そうそう、完全に余談だが、この国には「KFC」以外に「AFC」が存在した(笑)

P1050642.jpg


しかも売っているものがピザ(笑)
スポンサーサイト


----------------------------------------------------------------------
(今まで知らなかったけど(笑))世界一周ランキング参加中です。
みなさんのクリックが反映されますので、読み終わったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントの投稿

Secret

ぷ ろ ふ ぃ ー る
ぬ り え ち ず ち ょ う
さ い し ん の 記 事
カ レ ン ダ ー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カ テ ゴ リ
月別アーカイブ
BLOG RANKING
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 人気ブログランキングへ
問合せ(メールフォーム)

名前:
メール:
件名:
本文:

2011年04月04日 日本出発
カウントダウンタイマー
ま っ ぷ
I AM HERE!!!!! い ま こ こ に い る よ
[最終章/ONGOING]
より大きな地図で World Quest Map 最終章~中南米から帰国まで~ を表示

[第四章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第四章~東アフリカ南下~ を表示

[第三章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第三章~再アジアと東ヨーロッパ~ を表示

[第二章/FINISHED]
より大きな地図で World Quest Map 第二章~オーストラリア編~ を表示

[第一章/FINISHED]
より大きな地図で
World Quest Map 第一章~アジア編~ を表示
つ い っ た ー ー ー

す か い ぷ
Skype Me™!
ふ ぇ い す ぶ っ く
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。